写真展『オードリー・ヘプバーンとその時代の女優達』を開催

Art Gallery M84は、2020年11月30日(月)より写真展『オードリー・ヘプバーンとその時代の女優達』を開催致します。

 今回の作品展は、Art Gallery M84の第103回目の展示として実施する企画展です。世界中から愛された女優、オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)。スクリーンでの愛らしく、聡明で、気品あふれる姿は‘永遠の妖精’と言われ多くの映画ファンを魅了し、今でも絶大な人気を誇っています。今回は、オードリーの「麗しのサブリナ」や「パリの恋人」など映画のワンシーンとその時代にスターだった女優達のポートレートも一緒に、全てゼラチン・シルバー・プリントで約30点を展示します。今もなお私達に夢と希望を与え続けてくれるオードリーやその時代の女優達の魅力をご覧頂けたらと思います。

※その時代の女優達(エヴァ・ガードナー、ブリジット・バルドー、エリザベス・テイラー、グレース・ケリー、イングリッド・バーグマン、マリリン・モンローを予定)

◯オードリー・ヘプバーン:1929年5月4日生まれ〜1993年1月20日死没
1951年のブロードウェイ舞台作品「ジジ」で主役を演じ、1953年には「ローマの休日」でアカデミー主演女優賞を獲得した。その後も「麗しのサブリナ(1954年)」「尼僧物語(1959年)」「ティファニーで朝食を(1961年)」「シャレード(1963年)」「マイ・フェア・レディ(1964年)」「暗くなるまで待って(1967年)」などの人気作、話題作に出演している。映画作品ではアカデミー賞のほかに、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞を受賞し、舞台作品では1954年のブロードウェイ舞台作品である「オンディーヌ」でトニー賞を受賞している。オードリーの成功は、彼女の才能ももちろんあったでしょうが、ナチス・ドイツ占領下の少女時代に、草やチューリップを食べて飢えをしのぎ、生涯その辛さを忘れず、無我夢中で働き、人の好意にあぐらをかかず、目をかけてもらうだけでもありがたい事だと感謝して、セットには時間厳守、絶対遅刻せず、セリフは完璧に覚え、スタッフへの礼儀と尊敬を持ち続けていたと言われている事からも感じ取れます。

◯エヴァ・ガードナー:1922年12月24日生まれ〜1990年1月25日死没
1951年のミュージカル「ショウ・ボート」で、強烈な存在感を残し一気にブレイク。この女優を神秘的な高みにまでもちあげた名作が、1954年の「裸足の伯爵夫人」である。ほとんど黒と言っていい濃いブルネットの髪鋭い切れ長の大きな瞼に深いグリーンの瞳、女性にはめずらしく割れ目がくっきりと刻まれたあご、そして豹のようにしなやかで獰猛な美しい肉体の動き。その強烈で野性的な魅惑によって誇り高く奔放な美しい野獣にたとえられたハリウッドのスター。

◯ブリジット・バルドー:1934年9月28日生まれ〜
アイコニックなキャットアイメイクとぽってりとした唇、そして媚びない色気で一斉を風靡したフランス・パリ出身の女優、ブリジット・バルドー。「素晴らしき遺産(1952年)」でフィルムデビューして以来、半世紀以上にわたって世界の女性たちの永遠の憧れであり続けている。21年の女優人生の中で47本もの映画に出演し、「世界的人気女優」というステータスを確立したにも関わらず、バルドーは39歳のときに女優としてのキャリアをあっさりと捨てる。その後は、声を上げられない動物たちの代弁者として活動することを決意、動物愛護活動に専念し、2018年にはその活動を綴った書籍を出版した。現在も、彼女は動物たちの命の尊厳を訴え続ける動物保護活動家である。

◯エリザベス・テイラー:1932年2月27日生まれ〜2011年3月23日死没
10歳で子役デビューしたエリザベス・テイラーは、NGを出さずワンテイクの撮影でOKを出す「ワンショット・リズ」というあだ名で呼ばれた。元々の素質に加え、その後の名だたる俳優たちとの共演により演技力に磨きがかかって行く。「操り人形にはなれないわ。演じるときは内側から突き動かされるものがないと」と彼女。その演技力で、オスカー主演女優賞を2度も獲得。映画出演料が1億円を越える史上初の女優にまで上り詰めた。

◯グレース・ケリー:1929年11月12日生まれ〜1982年9月14日死没
モデルのアルバイトをしながら演技を学び、1949年に舞台「父」でブロードウェイデビューした。その後、舞台の出演中にハリウッドから誘いがかかり、1951年、22歳で映画「Fourteen Hours」に出演しデビュー。この作品を見た製作者のスタンリー・クレイマーが「真昼の決闘」でゲイリー・クーパーの相手役に抜擢した。映画監督アルフレッド・ヒッチコックのお気に入り女優で「ダイヤルMを廻せ!」「裏窓」「泥棒成金」などの作品でヒロインをつとめている。人気絶頂の最中、カンヌ国際映画祭で知り合ったモナコ大公レーニエ3世と結婚、女優業から引退した。

◯イングリッド・バーグマン:1915年8月29日生まれ〜1982年8月29日死没
アメリカ映画に初出演したのは、スウェーデン映画の「間奏曲」をリメイクした「別離1939年」」である。その際立った美貌と知性でアメリカ映画に「北欧からの瑞々しい息吹」を吹き込んだバーグマンは、すぐさま「アメリカ人女性の理想」となりハリウッドを代表する女優の一人となった。もっとも有名な役と言われているのが、ハンフリー・ボガートと共演した「カサブランカ(1942年)」のイルザ・ラント役とケーリー・グラントと共演した「汚名(1946年)」のアリシア・ヒューバーマン役である。

◯マリリン・モンロー:1926年6月1日生まれ〜1962年8月4日死没
彼女の性的魅力に焦点を当てたノワール「ナイアガラ」と、コメディ「紳士は金髪がお好き」「百万長者と結婚する方法」の3つの映画で主役を演じ、「ダム・ブロンド」「ブロンドは暗い髪色の者より頭が悪い」というステレオタイプに基づくキャラクターというスターイメージを確立。ハリウッドの最も有名なスターの1人となった。同じ型の役ばかりを割り当て、十分な賃金を支払わないことに不満を抱いていた彼女は映画プロジェクトを拒否して1954年に一時的に休業したが、彼女のキャリア最大の興行収入を上げた映画の1つ「七年目の浮気」でスターの地位を取り戻した。「バス停留所(1956年)」は批評家に称賛され、MMP最初の独立企画である「王子と踊子」の演技でゴールデン・グローブ賞主演女優賞の候補となった。1961年公開の「荒馬と女」が遺作となった。

※グッズ(2021年版オードリーのカレンダー、ポストカード、クリアーファイル)の販売も実施致します。売り切れの折は、ご容赦ください。

 Art Gallery M84では、「アートを展示する場、鑑賞する場、作品を購入できる場」にとどまらず、アートを楽しみ、アートを通じての自己表現を志す方々が集える場所、アートの可能性を広げていく拠点になることを目指しています。プロ・アマを問わず、幅広く作家を紹介する企画を開催してまいります。

【写真展概要】
名  称 : 写真展『オードリー・ヘプバーンとその時代の女優達』
作 品 数 : 約30点
作品購入 : 展示作品は、購入可能
主  催 : Art Gallery M84
期  間 : 2020年11月30日(月) 〜 2021年1月30日(土)
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~18:30(最終日17:00まで)
休 館 日 : 日曜日 / 年末年始(12月27日〜1月10日)
入 場 料 : 500円
URL : http://artgallery-m84.com/?p=7744

<写真展『オードリー・ヘプバーンとその時代の女優達』代表作品>
Exif_JPEG_PICTURE
クレジット: Young Wives’ Tale © Frank Buckingham
以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote