飾りたいと思う写真展『アートの競演 2019寒月』の展示作品を募集

Art Gallery M84は、2019年1月21日(月)より飾りたいと思う写真展『アートの競演 2019寒月』を開催するにあたり、下記の募集要項により展示作品を募集致します。

作品を展示して誰かに見てもらい、縁があればその方のお部屋に飾ってもらえる。又は収集の対象としてもらえる。それが部屋に飾りたいと思う写真展『アートの競演 2019寒月』です。あなたの感情や感覚を表現する事が大切。見る人に理解される事は重要ではありません。あなたも見る人も、あなたの作品がどんな感情を表現しているか理解されなくても失敗ではありません。アートは主観的であり、美は見る人の心の中にあります。その作品が購入されたとしたらとても良い事ではありますが、誰かが作品を見て絶賛したとしても、他の人もそう思うとは限らないのです。これはなんだと考えさせるなんとも不思議な作品、今まで見た事の無い珍しい表現の作品、ずっと眺めていても飽きない作品、見ているだけで癒される作品など、あなたの感情や感覚を表現した作品をお待ちしております。なので作品作りは、演出も、合成も、加工も自由です。

【作品募集要項】
    名称|飾りたいと思う写真展『アートの競演 2019寒月』
  募集作品|写真によるアート作品(作家本人がアートと思う作品)
      |単に記録写真等はご遠慮ください。

     賞|M84賞(作品買い上げ)、G.I.P.Tokyo賞(作品買い上げ)、
      |フレームマン賞(アルミ額黒アクリル付16’×20’、1点)、
      |※前回の3賞受賞作品

作品展示期間|2019年1月21日(月)~2月2日(土)17時まで(会期中無休)
   出展料|額サイズ半切以下、1点5,000円(税込)/13日間
      |額サイズ半切を越え全紙以下、1点9,000円(税込)/13日間
  額サイズ|半切は、356mmx432mm 縦横+10mm以内、全紙は、457mmx560mm、
    点数|6点まで可/1人
キャプション|出展者は、名刺サイズ(約100x50x5mm)の貼りパネを搬入時に用意。
      |作家名、題、PrintSize、Print方式、撮影年、Print年、Image Size
      |Edition No又はOpen、額寸、価格(サイン有り、額装込・税別)を明記。
    略歴|出展者は、名刺約2倍サイズ(220x55x5mm)の貼りパネを搬入時に用意。
      |出身、受賞歴、展示歴、出版歴等の抜粋明記。フォントサイズ11前後。
 応募開始日|2018年10月22日(月)11:00から
 応募締切日|展示スペースが無くなった時点。
  応募方法|応募用紙に記入の上、ギャラリーに持参又はメール添付又は郵送。
      |(申込用紙のお送り先:artgallery.m84@icloud.com/〒104-0061
      |東京都中央区銀座四丁目11-3ウインド銀座ビル5階Art Gallery M84)
  出展費用|応募時にギャラリーでお支払い又は指定口座にお振込。
 搬入設営日|2019年1月17日(木)~1月19日(土)11:00~18:00(連絡を頂ければ延長可)
 作品搬出日|2019年2月2日(土)17:00より撤収

  出展条件|作品募集概要に賛同頂ける方で、申込書に記入頂ける方。
      |作品を額装込みで、10,000円(税別)以上の価格で販売可能な方。
      |作品を持込・設営、撤去を指定の期日に実施可能な方。
      |出展者ご自身が撮影した作品である事。
      |肖像権について、撮影・発表の許可を得ている作品である事。
      |公序良俗に反してない作品である事。
      |プロ・アマ問わず。

※オープニングパーティー & 作品説明等「1月21日(月) 18:00~」と
 クロージングパーティー & 賞状授与等「2月2日(土)15:00〜」を予定しております。
 飲み物、おつまみ等の差し入れを歓迎します。

<出展費用の振込先>
振込先:三菱UFJ銀行 銀座支店 普通 0177557
口座名義 アートギャラリー エムハツシイー ハシモトマサノリ

<設営について>
設営:持込順に設営(出展者)頂きます。不慣れな方はお手伝いを致します。
梱包箱等保管場所有:キャプションと同様の表示貼付けの事
設営位置:作品の周囲(上下、左右どちらでも可)、約50mm間隔で展示して頂きます。
     (最初の作品だけはギャラリーで定めた位置とします。)
     上下2〜3段掛けもあります。作品が上手く収まらない時は、
     ギャラリー側で位置を最終調整することをご了承ください。
設営方法:釘打ち、ねじ打ち、粘着ラバーBiu・Tack、両面テープが使用可。
注)作品の落下・傷・盗難等は、ギャラリーが責任を負えませんのでご容赦ください。

<作品販売について>
作品販売:展示作品は、全てに価格を付けて販売いたします。
ギャラリー手数料:販売価格(税別)の30%(買い上げも同様)とします。(また、販売した価格の消費税分を申し受けます。)
購入者へのお届け:当ギャラリーから送料着払いで購入者に送付します。(持込時の梱包箱を使用)

<指定搬出日に来れない方について>
ギャラリー側で撤去・保管を致しますが、保管料500円/1点/1日をお支払い頂きます。

<都合により撤去作業が出来なくなった方>
着払いで配送の手配をします。撤去・梱包作業費500円/1点と着払いの宅配用紙に事前記入してギャラリーまでお送りください。また出展費用と撤去・梱包作業費も一緒に指定口座にお振込ください。

【写真展開催概要】
名  称 : 飾りたいと思う写真展『アートの競演 2019寒月』
作 品 数 : 約30〜60点
作品購入 : 展示作品は、全て購入可能
主  催 : Art Gallery M84
協  力 : (株)ジー・アイ・ピー、(株)フレームマン
展示期間 : 2019年1月21日(月)〜2月2日(土)
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~19:00(最終日17:00まで)
休 館 日 : 会期中無休
入 場 料 : 無料

<イメージ画像>
ARM84
前回のM84受賞作品

<申し込み用紙>
%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e7%ab%b6%e6%bc%94%e7%94%b3%e8%be%bc%e6%9b%b8

<キャプション例>
作家:銀座太郎
タイトル:A Stick
撮影地:スタジオ
撮影:2017年
Edition:1/10 又は Open
プリント:2019年
Image Size: 255 x 400mm
Print Paper Size:355 x 430mm
Print Method:Gelatin Silver Print
Media:baryta paper
Mat・Frame Size:405 x 505mm
価格 ¥100,000(額装込・税別)

以上

ウジェーヌ・アジェ写真展『シュルレアリスム』SOLD作品

ウジェーヌ・アジェ写真展『シュルレアリスム』SOLD作品

312. 6,place EAU-DE Robec, Rouen (Eugène Atget)
  Signature : No、Stamp : No、Image Size: 178 x 238mm、
  Print Paper Size:185 x 245mm、Print Method:Gelatin Silver Print、
  Mat・Frame Size:405 x 510mm
  Printed : 1980年代(ガスマンによるアジェ原版から密着焼き付け)
フランスの著名な焼付師ピエール・ガスマンが公的機関の所蔵するガラス乾版より新たにプリントした一枚である。アジェが焼いたヴィンテージプリントとは異なるガスマンの現代技術と解釈がなされアジェのネガに潜んでいた細部を克明に描いている。
AR1067681

9725. Rue Saint Sauveur.(Eugène Atget)  
  Print Paper Size:220 x 180mm、Print Method:Albumen Silver Print
  Edition:Open、Signature : No、
  Vintage(アジェが自分自身でプリントした超貴重な作品、アジェによる整理番号付き、アジェによる鉛筆手書きの作品名記載有)
AR1067682
以上

 

ウジェーヌ・アジェ写真展『シュルレアリスム』展示の様子

2018年9月24日(月)より開催しているウジェーヌ・アジェ写真展『シュルレアリスム』ですが、ご来場のお客様は、まず展示枚数(アジェの作品が計45点)の多さに圧倒されています。その後、目を輝かせてプリントの隅々まで覗き込む様にみておられます。そして、「綺麗ですね。こんなに鮮明に写っていたんだ。」アジェの作品でこんな綺麗なプリントを見るのは初めてと言う方の多い事。次にアジェが自分でプリントした超貴重なプリントを見て、「オリジナルプリントが11枚も見れるなんて、来て良かった。」と言って更にびっくりされております。「これは毎日行列ができてなければおかしい」とまで、「個人のギャラリーでやるような事ではないですね。国家的プロジェクトを一人でやってるようなものですよ。」とまで言ってくださる方も。また、この作品に出会えると思ってもいなかったとのことで、ピエール・ガスマンがプリントした少女の作品に長く立ち止まり超感動されている方もいました。

AR1067624

AR1067625

AR1067626

AR1067680

AR1067627

AR1067628

AR1067629

AR1067631

AR1067630

AR1067632

AR1067633

AR1067634

AR1067635

AR1067636

AR1067646

AR1067638

AR1067639

AR1067640

AR1067641

AR1067642

AR1067647

AR1067643

AR1067644

AR1067645

AR1067648

AR1067649

AR1067679

AR1067678

AR1067650

AR1067651

AR1067653

AR1067654

AR1067655

AR1067656

AR1067657

AR1067658

AR1067659

AR1067660

AR1067661

AR1067662

AR1067663

AR1067664

AR1067665

AR1067667

AR1067669

AR1067670

AR1067671

AR1067676

AR1067677

AR1067674
以上

小さな写真展『Audrey Hepburn』を開催

Art Gallery M84は、2018年11月19日(月)より小さな写真展『Audrey Hepburn』を開催致します。

 今回の作品展は、Art Gallery M84の第80回目の展示として実施する企画展です。
世界中から愛された女優、オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)。スクリーンでの愛らしく、聡明で、気品あふれる姿は‘永遠の妖精’と言われ多くの映画ファンを魅了し、今でも絶大な人気を誇っています。小さな写真展『Audrey Hepburn』は、Bildarchiv Peter W. Engelmeier, The kobal Collectionの作品から、「麗しのサブリナ」など彼女の代表作である映画のワンシーンやポートレート作品を主に、また写真家Sid Averyが1957年に撮影したプライベートショット、ペットと自転車に乗っている写真(予価75万円)も展示します。全てゼラチン・シルバー・プリントで約24点を予定しております。今もなお私たちに夢と希望を与え続けてくれる彼女の魅力をご覧頂けたらと思います。

※グッズ(2019年版オードリーのカレンダー、ポストカード、クリアーファイル)の販売も実施致します。売り切れの折は、ご容赦ください。

ヘプバーンはブリュッセルのイクセルで生まれ、幼少期をベルギー、イングランドで過ごしました。オランダにも在住した経験があり、第二次世界大戦中にはナチス・ドイツが占領していたオランダのアーネムに住んでいたこともありました。各種資料の一部に本名を「エッダ・ファン・ヘームストラ」とするものがあります。これは、戦時中にナチス・ドイツ占領下にあったオランダで、「オードリー」という名があまりにイギリス風であることを心配した母エラが、自らの名前をもじって(EllaをEddaとした)一時的に変えたものです。5歳ごろからバレエを初め、アムステルダムではソニア・ガスケル(en:Sonia Gaskell)のもとでバレエを習い、1948年にはマリー・ランバートにバレエを学ぶためにロンドンへと渡って、ウエスト・エンドで舞台に立った経験があります。(ウィキぺディアより)

オードリーの成功は、彼女の才能ももちろんあったでしょうが、ナチス・ドイツ占領下の少女時代に、草やチューリップを食べて飢えをしのぎ、生涯その辛さを忘れず、無我夢中で働き、人の好意にあぐらをかかず、目をかけてもらうだけでもありがたい事だと感謝して、セットには時間厳守、絶対遅刻せず、セリフは完璧に覚え、スタッフへの礼儀と尊敬を持ち続けていたと言われている事からも感じ取れます。

【オードリー・ヘプバーン(本名:Audrey Kathleen Ruston)の略歴】
1929年 ブリュッセルのイクセル生まれ。幼少期をベルギー、イングランドで過した。
1934年 バレエを初め、アムステルダムでソニア・ガスケルのもとでバレエを習う。
1940年 ドイツがオランダに侵攻し、オードリーという「イギリス風の響きを持つ」
    名前は危険だとして、エッダ・ファン・ヘームストラという偽名を名乗った。
1944年 ナチスへの抵抗運動に協力、そのために彼女は地下の隠れ家に身を隠した。
    草やチューリップを食べて飢えをしのぎ、栄養失調に苦しみ、重度の貧血と
    呼吸器障害、解放された時は、ガリガリに痩せ細っていたという。
1948年 マリー・ランバートにバレエを学ぶためにロンドンに渡って、
    その後ウエスト・エンドで舞台に立った。
1951年 ブロードウェイ舞台作品『ジジ』で主役。
1953年 「ローマの休日で」に出演。ローマの休日でアカデミー主演女優賞を獲得。
1954年 「麗しのサブリナ」に出演。国際連合児童基金(ユニセフ)への貢献開始。
1959年 「尼僧物語」に出演。
1961年 「ティファニーで朝食を」に出演。
1963年 「シャレード」に出演。
1964年 「マイ・フェア・レディ」に出演。
1967年 「暗くなるまで待って」に出演。
1988年~1992年 アフリカ、南米、アジアの恵まれない人々への援助活動に献身。
1992年 ユニセフ親善大使としての活動に対してアメリカ合衆国から大統領自由勲
    章を授与。
1993年 スイスの自宅で虫垂癌のために63歳で死去。

【賞】
・映画作品ではアカデミー賞のほかに、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞を受賞。
・舞台作品では1954年のブロードウェイ舞台作品である『オンディーヌ』でトニー賞を受賞。
・さらにオードリー・ヘプバーンは死後にグラミー賞とエミー賞も受賞。
アカデミー賞、エミー賞、グラミー賞、トニー賞の受賞経験を持つ数少ない人物の一人となっている。

【写真展概要】
名  称 : 小さな写真展『Audrey Hepburn』
作 品 数 : 約24点(予定)
作品購入 : 展示作品は、全て購入可能
主  催 : Art Gallery M84
協  力 : Sansiao Gallery
期  間 : 2018年11月19日(月)~12月29日(土)
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~19:30(最終日17:00まで)
休 館 日 : 会期中無休
入 場 料 : 500円
URL : http://artgallery-m84.com/?p=5420

<小さな写真展『Audrey Hepburn』代表作品>
AA32a
クレジット: 麗しのサブリナ 1954 © The Kobal Collection / M84
Title:「麗しのサブリナ」1954年
Edition:Open、Signature : No
Image Size:302 x 405㎜
Print Paper Size:335 x 430㎜
Print Method:Gelatin Silver C-Print
       
Asa_1662_audrey_m
クレジット: © Sid Avery / Paramount Pictures / Sansiao Gallery / M84
Title:Audrey Hepburn on her bike pet dog, Famous, at Paramount 1957
photographer : Sid Avery
Edition:4/70、Signature : Yes
Print Paper Size:330 x 433㎜
Print Method:Gelatin Silver Print
以上

写真集発売記念 林敏弘写真展『風と光の記憶』~モノクローム・ピンホール写真~の開催

 Art Gallery M84は、2018年11月5日(月)より写真集発売記念 林敏弘写真展『風と光の記憶』~モノクローム・ピンホール写真~を開催致します。

 今回の作品展は、Art Gallery M84の第79回目の展示として実施する個展です。
写真展『風と光の記憶』は、日本におけるピンホール写真の第一人者Edward Levinson氏に感化されて撮り始め、今までにフランスやイタリアでの展示やNYで個展開催の経験があり、海外にも作品が収蔵されているピンホール写真芸術学会理事 林敏弘の作品展です。1998年秋から撮影してきた今までのモノクローム作品の集大成として写真集をヴィッセン社から出版(10月発売予定)されるのを記念して、それらの作品を作家自身がゼラチンシルバーでプリントした約40点を展示します。

1枚の写真が将来にわたって多くの人に「記憶」されることを願って、出逢った光景を素直な気持ちで1枚1枚を大切に撮った芸術作品です。ゆったりと流れる時間が写り込み、人の心を癒してくれる様な彼の魅力的作品を是非ご覧ください。

※写真集『風と光の記憶』林敏弘著、前田朋編集(ヴィッセン出版)も会場にて販売します。

【作家からの一言】
ピンホールカメラはレンズの代わりに小さい穴が前面に開いていて、そこから入る微かな光でフィルムなどの感光体に画像を作るカメラです。1枚撮るのに晴天の戸外で10数秒から数分露出にかかります。屋内や夜景では数十分から数時間かかることもあります。更に私の使うピンホールカメラは、ただの木製の箱でファインダーもありませんから画面構成も全く勘です。とても不便なカメラで、加えてその後に面倒な暗室での現像やプリント処理を経て、やっとどんな写真が撮れたのか分かるのです。そんな不便なカメラを使い続けている理由には以下のエピソードがあります。

秋の夕方、初めて作ったピンホールカメラを持って地元船橋の港にテスト撮影に行きました。翌日現像すると大半は失敗でしたが1枚は助かっていました。その画像を見た瞬間に強い衝撃を受けました。その写真とは今回発売する写真集の表紙にした「Sunset Bay (夕陽の港)」です。以前から何度もレンズカメラで撮っている場所でしたからピンホール写真の違いが、直ぐに分かったのです。「なんと気持ちの良い光の柔らかさだろう。露出に数分掛かったからか、雲も光も流れているし、ボートも揺れてぼけている。だからこそ、あの場所のあの時の空気、風や夕陽の暖かさや音までも再現している。こんな写真は見たことが無い」真に純粋で透明な感動でした。大げさに言えば、私の人生を変えてしまった1枚なのです。

その後、今日に至るまでピンホールカメラで作品を撮っています。対象は地元船橋の風景が多いですが、旅先の風景もあります。基本的には、出逢った一期一会の風景を素直に感じて、写真に表現することを目指しています。いつもの見慣れた道でも、その時の光や状況で心に感じる時があります。それを写真に留めようしています。演出や加工はありません。これまでの集大成として、時間をかけてまとめました。概ね 15、6年間のモノクロームフィルムからセレクトした1枚1枚から何かを感じて頂ければ幸いです。ピンホール写真家 林 敏弘

【林 敏弘(Hayashi Toshihiro)氏略歴】
1954年 千葉県船橋市出身
1977年 早稲田大学理工学部卒
1983年 学生時から中断していた写真活動を再開
1988年 モノクローム写真を独学で取り組む
1997年 ピンホール写真の第一人者Edward Levinson氏に出会う
1998年以降 ピンホールカメラで作品を制作・発表
船橋市在住、ピンホール写真家、ピンホール写真芸術学会理事、日本写真協会会員
http : //www.toshi-photo.com/Jpwelcome.html

【主な受賞】  
1999年 第20回船橋市写真展 第1部モノクロ単写真の部門最優秀賞受賞(市長賞)
2000年 Millennium Photo Project Time Capsule Winner (Canada)
2002年 第13回美術工芸作家協会展 美術工芸作家協会最優秀賞受賞

【作品収蔵先】
2000年09月 Alliance Capital(New York・USA)
2002年11月 Visionaria (Siena・ITALY)
2008年08月 安曇野市豊科公民館(安曇野・豊科)
2010年07月 共星の里 黒川INN美術館(福岡・朝倉)
2011年03月 Gallery PAST RAYS (横浜・山下)

【主な個展】
2000年11月 ピンホールふなばし『都市の境界』東京写真文化館(東京・赤坂)
2003年04月〜06月 Pinhole Flair『Urban Sentiments』Fotosphere Gallery (NY・US)
2005年04月 写真展『Urban Sentiments II』Gallery Roonee(東京・四谷)
2005年06月『Urban Sentiments II』Gallery まるさんかくしかく(京都・東山)
2005年07月『Urban Sentiments II』東川写真文化ギャラリー (北海道・東川町)
2005年07月『Urban Sentiments II Selected』東川町道草館(北海道・東川町)
2005年08月『Urban SentimentsⅡ』IPSXMagnetギャラリー(神戸・中央区)
2016年08月『流れる時間と遊ぶ光』Art Gallery M84(東京・銀座)
2018年11月『風と光の記憶』Art Gallery M84(東京・銀座)

【主な展覧会及びグループ展】
2000年11月 招待展示『Stenopephotographie』リール市立図書館(仏・リール市)
2002年06月 第13回『美術工芸作家協会展』アートガーデンかわさき(神奈川・川崎)
2002年10月 Visionaria展『Senza Obiettibo』Santa Maria della Scala Museum (伊・シエナ市)
2006年08月 紋別市『ピンホール写真グループ展』紋別博物館(北海道・紋別)
2007年05月 ピンホール写真芸術学会設立記念特別展『Pin Hole Lover』Prinz (京都)
2008年05月 ピンホール写真芸術学会『企画展』Roonee 247 (東京・四谷) ・Gallery i(京都)
2008年05月 ピンホール写真芸術学会『企画展』Gallery i(京都・祇園)
2008年08月『オホーツク・紋別ピンホール写真フェスティバル』紋別博物館(北海道・紋別)
2009年06月 PPAS京都ピンホールフェスティバル協賛グループ展『Interface』AMSギャラリー(京都)
2009年06月 安曇野市『ピンホール写真展』豊科サティエントランスホール(長野・安曇野)
2009年07月 紋別市『ピンホール写真展』紋別博物館(北海道・紋別)
2010年06月『ピンホールフォトフェスティバルin九州』共生の里、原鶴温泉パーレンス小野屋(福岡・朝倉)
2010年08月 PPAS『会員展』フォトギャラリーシリウス(東京・新宿)
2011年03月 東日本大震災義援写真『チャリティーオークション』禪フォトギャラリー(東京・六本木)
2011年06月『ピンホールフォトフェスティバルin川崎』川崎市民ミュージアム(神奈川・川崎)
2012年06月『ピンホールフォトフェスティバルin東川町』東川町文化ギャラリー(北海道・東川町)
2013年08月 PPAS会員展『微光の描写』Gallery Cosmos(東京・目黒)
2014年07月 公募展『人それぞれ』Art Gallery M84(東京・銀座)
2014年11月 ピンホール写真芸術学会『会員展』Arte Piazza Bibai(北海道・美唄)
2015年01月 公募展『人それぞれのアート』Art Gallery M84(東京・銀座)
2015年07月 公募展『アートの競演 2015初夏』Art Gallery M84(東京・銀座)
2015年12月 ピンホール写真芸術学会『会員展』Gallery i(京都・祇園)
2016年01月 公募展『アートの競演 2016初春』Art Gallery M84(東京・銀座)
2017年01月 公募展「アートの競演 2017睦月」Art Gallery M84(東京・銀座)
2017年03月 ピンホール写真芸術学会『会員展』CASO SpaceX(大阪・港区海岸通)
2017年08月 公募展「アートの競演 2017葉月」Art Gallery M84(東京・銀座)
2018年02月 ピンホール写真芸術学会『会員展』新さっぽろギャラリー (札幌・厚別)

【出版】
2015年11月『流れる時間と遊ぶ光』林敏弘著、前田朋編集(ヴィッセン出版)
2018年10月 写真集『風と光の記憶』林敏弘著、前田朋編集(ヴィッセン出版)

【出稿・寄稿】
1999年08月 中学用副教材CD-ROM教育ソフト東京書籍「プラネタリア」に写真掲載
2000年07月 木楽舎月刊誌「ソトコト8月号」Explorer(知の探求者)頁に作品掲載
2000年11月 仏・リール市立図書館企画展「Stenopephotographie」公式カタログに作品掲載
2000年11月 毎日コミュニケーションズ月刊誌「Mac Fan internet 12月号」に作品とHP紹介
2002年09月 地域新聞「ふなばし朝日9月11日号」に、作品掲載
2002年09月 読売系タウン紙「マイタウン9月15日号」に作品とピンホール写真活動掲載
2002年10月 芝浦工業大学季刊誌「IA」秋号No.39の特集「カメラの世界」に、
       ピンホールカメラ作りの秘訣として、カメラの原理と作り方及び作例写真掲載
2002年11月 イタリア・シエナ市「Visionaria展公式カタログ」に、作品掲載
2004年07月 東葛毎日新聞社「ふれあい毎日」に、ピンホール写真活動掲載
2005年03月 OMCカード情報誌「Ji’yu’da 3月号」に、ワンデイドライブ作品&記事掲載
2005年07月 学研Gが発行の写真雑誌「CAPA 7月号」に、作品とインタビュー記事掲載
2005年08月 カメラ雑誌 月刊「日本カメラ9月号」の口絵7頁に作品&コメント掲載
2007年08月 扶桑社文庫本「スバラしきマニアの世界」(久我羅内氏著)にピンホール写真活動掲載
2010年08月 月刊PhotoStage 9月号の「ギャラリーで立ち話コーナー」にインタビュー記事掲載
2011年12月 写真雑誌「PHaT PHOTO」1-2月号に、ピンホールカメラ制作&撮影の様子掲載
2008年~2014年 ピンホール写真芸術学会誌に、作品掲載及びエッセイ寄稿(創刊号&第4号)
2016年07月 月刊「ギャラリー」Vol.8今月の展覧会50+に選ばれる
2016年07月 月刊フォトテクニックデジタル誌8月号写真展情報に掲載
2016年07月 各ネット情報に掲載「デジカメWatch」「TokyoArtbeat」「個展なび」
      「Let`s enjoytokyo」「PHOTO SQUARE」「銀座新聞ニュース」
      「IT -lifehack」「livedoor News」「Ameba News」など
2016年07月 29日付読売新聞千葉版「船橋の風景 ピンホール写真で-独特の味わい32点」
2016年08月 06日付船橋読売「船橋在住の林敏弘さん ピンホール写真展」
2016年08月 07日付産経新聞千葉版「船橋の魅力 優しい光で発信-ピンホールカメラマン林敏弘」
2016年08月 08日付千葉日報県西版「童話のような船橋の風景-ピンホールカメラで撮影」
2016年08月 29日付千葉日報県西版 東葛葛南クローズアップ「船橋の情景写し続ける」 
2017年01月 新京成電鉄おでかけ情報誌「CiaO」Vol.130沿線紳士淑女録
       No.126「自然と都市とが調和する 船橋ならではの景色が好き」
2017年04月 My Funa(ふなばし再発見マガジン)2017年05月号
      「インタビュー こんにちは、ふなばし」
2018年02月 カシオ計算機株式会社が運営する「Wild Mind GO GO」サイトに執筆。
2018年07月 オライリー・ジャパン発行 カシオ計算機監修「50の自然体験」に執筆。
2018年07月 船橋市内配布ちいき新聞「船橋の風景を切り取る」

【TV出演】
2003年02月 テレビふなばし「船橋電気絵巻」Voicesコーナーで作品紹介。28回放送
2004年05月 テレビ朝日(5.16放映) および BS朝日(5.19放映)
      「オトナゴコロ(こだわり My Life)」に出演

【ワークシップ講師等】
2002年08月 夏季親子教室「ピンホールカメラを作って、撮ろう」船橋市公民館(千葉)
2003年04月「Pinhole Photo Workshop in NY on WPPD」Potosphere Gallery(NY・USA)
2004年07月 夏休みちびっこ教室「ピンホールワークショップ」恵比寿社会教育館(渋谷)
2008年08月 夕涼みセミナー「ピンホール写真の魅力」豊科公民館(長野・安雲野)
2009年05月 親子たいけん教室「幕末明治期の川崎とニッポン」川崎市市民ミュージアム
2009年07月 親子教室「ピンホールカメラを作って遊ぼう」豊科公民館(長野・安雲野)
2011年08月「ピンホールカメラを作ろう」横浜市中川地区センター(横浜)

【写真展概要】
名  称 : 写真集発売記念 林敏弘写真展『風と光の記憶』~モノクローム・ピンホール写真~
作 品 数 : 約40点
作品販売 : 展示作品は、全て購入可能
主  催 : Art Gallery M84
期  間 : 2018年11月5日(月)~11月17日(土) ※休館日を除く
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~18:30(最終日17:00まで)
休 館 日 : 日曜日
入 場 料 : 無料
URL : http://artgallery-m84.com/?p=5407

<林 敏弘写真展『風と光の記憶』代表作品>
レ・ボーの石塀
クレジット: Les Baux-1 © Toshihiro Hayashi
Title: Les Baux-1(レ・ボーの石塀)
Edition : 1/20
Signature:Yes
Photography year : 2002
Location : Les Baux-de-Provence in France
Print Paper Size:406×508㎜  
Media:baryta paper
Print Method:Gelatin Silver Print
予価: 80,000円(税別、額装込み) 

夕日の港
クレジット : Sunset Bay © Toshihiro Hayashi
Title : Sunset Bay(夕陽の港)
Edition : 1/4
Signature: Yes
Photography year : 1998
Location : Funabashi-shi, Chiba-ken
Print Paper Size:406×508㎜  
Media:baryta paper
Print Method:Gelatin Silver Print
予価: 80,000円(税別、額装込み) 
以上

Jeanloup Sieff写真展『Best works』展示の様子

2018年8月13日(月)より開催しているJeanloup Sieff写真展『Best works』ですが、「プリントが凄く奇麗ですね」と来場者の方々は驚いていらっしゃる様子です。滞在時間長く、一点づつ超ゆっくりと作品をなめる様に拝見される方が多いです。遠方より家族4人でご来場のお客様「シーフの作品をこんなに多く一同に見れる機会が無いのでやってきました。シーフのプリントに囲まれるのは良いね。」と作品を拝見できたことにお礼を言ってお帰りになりました。

AR1067566

AR1067567

AR1067568

AR1067569

AR1067570

AR1067571

AR1067572

AR1067573

AR1067574

AR1067575

AR1067576

AR1067577

AR1067578

AR1067579

AR1067580

AR1067581

AR1067582

AR1067583

AR1067584

AR1067585

AR1067586

AR1067587

AR1067588

AR1067589

AR1067590

AR1067591

AR1067593

AR1067594

AR1067617

AR1067615

AR1067596

AR1067598

AR1067599

AR1067600

AR1067601

AR1067602

AR1067603

AR1067604

AR1067605

AR1067606

AR1067607

AR1067608

AR1067609

AR1067610

AR1067611

AR1067612

AR1067613

AR1067620

AR1067616

以上

オリジナルカレンダー40周年記念『丹地保堯写真画展』の開催

 Art Gallery M84は、2018年10月22日(月)よりオリジナルカレンダー40周年記念『丹地保堯写真画展』を開催いたします。

 今回の企画は、Art Gallery M84の第78回目の展示として実施する個展です。
 丹地保堯写真画展は、そのもっとも美しい一瞬を切り取り、あざやかに描き出す写真画家 丹地保堯氏の作品を展示する。研ぎ澄まされた感性によってありふれた風景の中に写真創造の原点を見出す作風は「写真画」という独自の世界を確立した日本写真界の巨匠。また毎年の様に内外のカレンダー展で輝かしい賞を取り続けてきた。今回オリジナルカレンダー40周年記念として、丹地保堯写真画集に採用した絵画を思わせる幻想的な作品約40点を選定・額装して展示致します。

※オープニングレセプション(10月22日(月) 18:00〜)を予定しております。
※2019年オリジナルカレンダー丹地保堯作品集vol.40も会場にて販売します。

【作家からの一言】
自然をモチーフに日本全国を旅すること50年、自然が好きで絵が好きで、自然観をもっと感情で捉えたい。本質にせまり空気感まで捉えたい。そんな思いの中、一枚一枚絵を描くつもりで被写体と向き合い、構図を決め、シャッターを切ってきた。つまり絵ノ具やキャンバスにしたて写真画を描いてきたような気がする。むしろ写真家と言うより風景写真画家とでもいおうか・・・。そして、作品から選定したオリジナルカレンダーを毎年制作、内外で名誉ある賞も頂いた。顔料によるプリント(ジグレー技法)は耐久力や色再現が格段に向上し、和紙やカンヴァスに自分自身が描写することでオリジナルな「新ジャンル」での写真表現ができた気がする。ありふれた風景の中に僕の写真創造の原点がある。その原点を大切に旅を続けたい。写真画家 丹地保堯 

【丹地保堯(たんじ・やすたか) 氏略歴】
1943年 広島県福山市生まれ。
1968年 東京デザイナー学院商業デザイン科卒業後、フリーのグラフィックデザイナ
    ーを経て、73年フォトグラファーに転向。
2008年 クラブピードゥーチャリティー写真展を開催。以降毎年開催。
2009年 AMA・アマテラスの会主催 写真公募展「AMATERAS」審査委員長、以降毎年審査。
2010年 丹地保堯写真画美術館を長野県軽井沢町追分にオープン。
2010年 “旅”をキーワードにした、写真クラブJITAN CLUB始動。
2011年 水道産業新聞社主催、水のフォトコンテスト審査委員長就任、以降毎年審査
2011年 月刊フォトコン ネイチャー部門審査員、以降毎月審査。11月で終了
2011年 月刊デジタルカメラマガジン 桜フォトコンテスト審査員
2011年 月刊デジタルカメラマガジン 紅葉フォトコンテスト審査員
2014年 世界遺産「富士山」をテーマに京王プラザホテル展示に参加。
2018年 しなの追分写真コンテスト 審査委員長就任
現在:日本写真画家協会会長、JITAN CLUB代表理事

【受賞歴】
1981年「光の記憶」国際カレンダー展「金賞」受賞(ドイツ・シュツットガルト)
2003年「雅の心」第54回全国カレンダー展「日本マーケティング協会賞」受賞
2004年「雅の心」第55回全国カレンダー展「審査員会奨励賞」受賞
2005年「雅の心」国際カレンダー展Vol.2「銅賞」受賞(ドイツ・シュツットガルト)
2005年「雅の心」第56回全国カレンダー展グランプリ「経済産業大臣賞」受賞
2007年「FORM」第58回全国カレンダー展グランプリ「経済産業大臣賞」受賞
2010年「雅の心」第61回全国カレンダー展グランプリ「経済産業大臣賞」受賞
2012年「雅の心」国際カレンダー展「銀賞」受賞(ドイツ・シュツットガルト)
2012年「雅の心」第63回全国カレンダー展「国立印刷局理事長賞」受賞
2013年「雅の心」第64回全国カレンダー展「実行委員会奨励賞」受賞
2014年「雅の心」第65回全国カレンダー展「経済産業省商務情報政策局長賞」受賞
2015年「彩りの美」第66回全国カレンダー展「経済産業省商務情報政策局長賞」受賞
2016年「彩りの美」第67回全国カレンダー展「経済産業省商務情報政策局長賞」受賞
2017年「THE BEAUTY OF COLOR」第68回全国カレンダー展金賞「経済産業大臣賞」受賞

【主な個展】
2004年 丹地保堯写真画展「日本の美景」和光ホール(東京・銀座)
2005年 丹地保堯作品展「和の光景」そごう横浜店6階美術画廊(神奈川・横浜)
2009年 丹地保堯写真画展「日本の美景」京王プラザホテル特設会場(東京・新宿)
2009年 丹地保堯写真画展、米子市美術館2F展示室(鳥取・米子)
2013年 丹地保堯写真画展「日本の心」Art Gallery M84(東京・銀座)
2014年 写真画展「丹地保堯の世界」Art Gallery M84(東京・銀座)

【写真画集】
1990年 50本の木、写真:丹地保堯 詩:谷川俊太郎 あすか書房刊
1988年 木・The Tree、写真:丹地保堯 文:立松和平 グラフィック社刊
1998年 桜の木、写真:丹地保堯、文:安達瞳子、小学館刊
2001年 丹地保堯写真画集、写真:丹地保堯、求龍堂刊、印刷:文化堂印刷株式会社
2009年 丹地保堯風景画帖、写真:丹地保堯、美術出版刊、印刷:文化堂印刷株式会社

【写真画展概要】
名  称 : オリジナルカレンダー40周年記念『丹地保堯写真画展』
展 示 数 : 約40点
作品販売 : 展示作品は、全て購入可能
主  催 : Art Gallery M84
期  間 : 2018年10月22日(月)~2014年11月3日(土) ※休館日を除く
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~18:30(最終日17:00まで)
休 館 日 : 日曜日
入 場 料 : 無料
URL : http://artgallery-m84.com/?p=5347

【オリジナルカレンダー40周年記念『丹地保堯写真画展』代表作品】
A満月夜桜・表紙用
クレジット: © Yasutaka Tanji / M84

以上