榊原俊寿写真展『猫の世界』展示の様子

2017年8月28日(月)より開催している榊原俊寿写真展『猫の世界』ですが、来場のお客様は、可愛いと言いながらゆっくり見てらっしゃいます。笑みが見てとれます。新幹線でかなり遠方から朝一で来場された女性客は、見に来たかったんですと言って会場を2週なさいました。猫好きの方々が多いです。男性の方は、内猫と外猫は、表情が違うね。内猫はふっくらして、外猫の顔は締まっている。「良いものを見せて貰った。」ありがとうございますと言って帰られました。フイルムで撮影され、バライタにゼラチンシルバープリントで、周囲をかなり追い焼き、今時なかなか見ることが出来ない締まった黒。天井にバウンズさせたフラッシュ撮影で、キャットアイも完璧。これ程の素晴らしいプリントは、なかなかお目にかかれないです。との事でした。写真好きの方にも参考になります。

AR1060645

AR1060646

AR1060647

AR1060649

AR1060651

AR1060650

AR1060666

AR1060652

AR1060653

AR1060654

AR1060655

AR1060656

AR1060657

AR1060659

A立体ねこ

AR1060660

AR1060661

AR1060662

AR1060663

AR1060664

AR1060668

AR1060671

AR1060672

AR1060673

AR1060669

AR1060670

AR1060675

AR1060674

AR1060676

AR1060678

AR1060717

AR1060680

AR1060681

AR1060682

AR1060683

AR1060685

AR1060686

AR1060687

AR1060689

AR1060690

AR1060691

AR1060716

AR1060692

AR1060693

AR1060694

AR1060695

AR1060696

AR1060697

AR1060698

AR1060699

AR1060700

AR1060701

AR1060702

AR1060703

AR1060704

AR1060709

AR1060710

AR1060718

AR1060714

AR1060715

AR1060713

以上

Tamayo Horiuchi Photo Exhibition『Sospiro / ため息』展示の様子

2017年7月10日(月)より開催しているTamayo Horiuchi Photo Exhibition『Sospiro / ため息』ですが、フランツ・リストのピアノ曲「Un Sospiro」にインスピレーションを受けたという作品。来場のお客様から、これは日本人の写真家感覚では撮れない世界と絶賛されています。

AR1060403

AR1060363

AR1060364

AR1060405

AR1060406

AR1060378

AR1060407

AR1060408

AR1060409

AR1060377

AR1060395

AR1060376

AR1060387

AR1060386

AR1060385

AR1060375

AR1060410

AR1060427

AR1060411a

AR1060414

AR1060413

AR1060412

AR1060415

AR1060416

AR1060370

AR1060369

AR1060368

AR1060367

AR1060366

AR1060417

AR1060365

AR1060395

AR1060394

以上

降旗良房写真展『surface ⇄ undercurrent』展示の様子

2017年6月26日(月)より開催している降旗良房写真展『surface ⇄ undercurrent』ですが、光を捉え刻々と変化をみせる水面に心を奪われ、これを撮り続けるうちに、絶え間なく変化するその奥底にも様々な表情が見える瞬間を見つけて撮影した作品である。来場のお客様が挨拶文を読み『幼い頃、公園の遊具に巻き込まれて瀕死の重傷を負い、幽体離脱あの時見た特異な光景。それを他人と共有したい、何かを感じてほしい』という思いからの作品だと判り、もう一度ゆっくりと眺められています。ゆらゆら、きらきら、不思議な世界に納得されている様子。
AR1060311

AR1060312

AR1060313

AR1060314

AR1060315

AR1060337

AR1060338

AR1060317

AR1060318

AR1060316

AR1060319

AR1060320

AR1060321

AR1060326

AR1060322

AR1060339

AR1060340

AR1060323

AR1060341

AR1060328

AR1060327

AR1060336

AR1060325

AR1060329

AR1060335

AR1060331

AR1060330

AR1060332

AR1060333

AR1060334
以上

Jeanloup Sieff写真展『Fashion Portrait』展示風景

2017年5月22日(月)より開催しているJeanloup Sieff写真展『Fashion Portrait』ですが、「本物のプリントは良いね。」と来場者の方々からの声です。シーフの構図も独特だが、イブ・ブレガンのプリント技術も凄い。こんな凄い作品を拝見できるとは思わなかったと皆さんわざわざお礼を言ってお帰りになります。

AR1060239

AR1060240

AR1060241

AR1060242

AR1060243

AR1060244

AR1060245

AR1060246

AR1060247

AR1060248

AR1060249

AR1060250

AR1060251

AR1060252

AR1060253

AR1060254

AR1060255

AR1060298

AR1060299

AR1060256

AR1060257

AR1060258

AR1060259

AR1060260

AR1060274

AR1060273

AR1060261

AR1060297

AR1060262

AR1060263

AR1060275

AR1060264

AR1060265

AR1060266

AR1060267

AR1060268

AR1060269

AR1060270

AR1060271

AR1060300

AR1060277

AR1060279

AR1060280

AR1060281

AR1060282

AR1060283

AR1060284

AR1060285
以上

写真展『ロベール・ドアノーなどのヒューマニズム作品』展示の様子

2017年4月17日(月)より開催している写真展『ロベール・ドアノーなどのヒューマニズム作品』ですが、ロベール・ドアノーの映画上映とタイミングを合わせて企画したんですかと言われるが、全くそんなことは無い。映画制作会社の担当者から連絡が有り、映画のリーフレットを置かせて欲しいと持ってこられ、代わりに当方のDMを上映映画館に配置頂いただけなんです。今回の展示は、写真家ロベール・ドアノー、ブラッサイ、エドゥアール・ブーバなどのヒューマニズム溢れる作品に加えて、作家は不詳ですが同様な視点の作品やに80、90年代の恋人たちを撮影したクロード・ノリや自宅から見える風景、そして自身の二人の娘たちをテーマにしたクロード・バトーで構成していますが、来場のお客様からは、「素晴らしい作品ですね。フイルムで撮影され銀塩プリントした写真はずっと眺めてられます。眼に優しいですね。」との声もありました。

AR1060151

AR1060152

AR1060159

AR1060160

AR1060161

AR1060164

AR1060162

AR1060163

AR1060166

AR1060165

AR1060167

AR1060168

AR1060169

AR1060170

AR1060171

AR1060172

AR1060173

AR1060174

AR1060180

AR1060175

AR1060176

AR1060177

AR1060178

AR1060185

AR1060181

AR1060179

AR1060182

AR1060183

AR1060184

AR1060193

AR1060192

AR1060197

AR1060196

初版本

AR1060157

以上

エリオット・アーウィット写真展の様子

2017年3月6日(月)より開催しているエリオット・アーウィット写真展『ウィット&ユーモア』ですが、来場したお客様から「写真集で見たことがある作品が多いのですが、本物のプリントは、全く違うんですね。奥行き感があります。プリントも綺麗ですね。」また、「犬の作品は、癒されますね。このような作品を撮る写真家は他にいないですね。来て良かった。」と言ったお客様もいました。皆さんゆっくりと拝見されており滞在時間が長いです。

AR1060060

AR1060061

AR1060062

AR1060087

AR1060064

AR1060065

AR1060088

AR1060066

AR1060067

AR1060089

AR1060068

AR1060086

AR1060069

AR1060070

AR1060085

AR1060071

AR1060072

AR1060090

AR1060073

AR1060074

AR1060075

AR1060076

AR1060091

AR1060077

AR1060078

AR1060079

AR1060080

AR1060081

AR1060092

AR1060082

AR1060083

AR1060084

AR1060046

AR1060044

AR1060042
以上

写真展『Audrey Hepburn』展示の様子

Art Gallery M84で1月30日(月)から開催している写真展『Audrey Hepburn』ですが、当ギャラリー開設以来の来場者数です。今回はメデイアへの掲載数がとても多く、昨年の写真展『永遠の妖精 Audrey Hepburn』の来場者数の倍以上です。朝もオープンと同時に来場される方、一日中お客様が途切れることなく、閉館近くに来場される方もいます。この展示の為にかなり遠方から新幹線を使って来場のお客様もいます。入場されると 「わぁー可愛いね。」との声、年齢層も幅広く、如何にファンに愛され続けているかを感じます。カップルやペア、そして母娘での来場も多く滞在時間も長く、 ゆっくりと鑑賞されています。また、グッズコーナーに入った瞬間、歓喜の声「いつぱいある。楽しい。凄い、どうしよう。可愛い、元気になるね。」と、時間を掛けて考えていらっしやいます。
AR1060005

AR1060006

AR1060007

AR1060008

AR1060009

AR1060030

AR1060010

AR1060022

AR1060011

AR1060012

AR1060023

AR1060013

AR1060031

AR1060014

AR1060015

AR1060016

AR1060017

AR1060018

AR1060025

AR1060019

AR1060028

AR1060029

AR1060020

AR1060026

AR1060021

AR1060024

AR1060003

写真展『アートの競演 2017睦月』展示の様子

2017年1月16日(月)より開催している部屋に飾りたいと思う写真展『アートの競演 2017睦月』ですが、来場のお客様から「これは全て写真なんですか? 絵みたい。」や「毎回見ているのですが、こんな言い方は変ですが凄くレベルが高いですね。見応えがあります。」との嬉しい声がありました。また、「アイディアも作品に仕立て上げる技術や知識も備えた作家の方々の作品展」との論評もあり、まるでミニミニ・パリフォトの様な展示と思っております。

AR1059908

AR1059911

AR1059912

AR1059913

AR1059935a

AR1059919

AR1059936

AR1059918

AR1059920

AR1059937

AR1059939

AR1059941

AR1059942

AR1059924

AR1059923

AR1059925

AR1059943

AR1059947

AR1059948

AR1059949

AR1059975

AR1059927

AR1059950

AR1059928

AR1059951

AR1059952

AR1059954

AR1059929

AR1059964

AR1059930

AR1059955

AR1059956

AR1059957

AR1059931

AR1059961

AR1059959

AR1059960

AR1059934

AR1059963

AR1059922

AR1059921

AR1059967a

以上