写真展『アートの競演 2019涼月』受賞作品

飾りたいと思う写真展『アートの競演 2019涼月』受賞作品 3点

●M84賞
【作品】Title : Sui Sha190606`Kawamo`、
Shooting : 2019、Printed : 2019、Editon : Open、Signature : Yes、Image Size : 286 x 319㎜、Print Paper Size : 345 x 422㎜、Media:Canon Premium mat、Print Method : Digital Pigment Print、Mat size : 348 x 420㎜、Frame size : 368 x 444㎜
1)どんな点がアート(一番最初、又は ありふれていない)なのか?
 海へ注ぎこもうとする小さな川の河口付近で、偶然見つけた蛇のぬけがらがゆっく
 り、速く、私の視界に流れこんできた。わあ!思わずそれを追いかけるとき、気持
 ちを刻むように撮った。小魚、白い羽、宇宙、水の流れ、蛇のぬけがらなどを自由
 に想像して不思議を楽しんでもらえる様に画像を水彩画のような仕上げにした。
2)飾りたいと思って貰える点?
  “その空間において、調和する”ということがこの作品のベースにあります。抽象的
 で、捉えどころがすぐに見つけられず、なんども見てしまう。その不思議な表情は
 観る人それぞれに印象が違う。自然に在る色(アースカラー)の彩度が低い、穏やか
 な色調なので、部屋の一角に穏やかで明るい印象を運んでくれることと思います。

【選評】自然の川面を、グラフィカルに表現した今まで見た事の無い水彩画の様な作品で味わいがある。淡い色合いが部屋を明るくするので飾りたい写真です。脱皮した蛇の皮を追い掛け縁起が良い。マットを使わない見せ方に課題はあるが、まだまだ良くなる余地があると思うので、今後の作品が楽しみである。
AR1068588
【作家】冨田 陽子(Yoko Tomita)氏
    宮崎県出身 interior coordinator
2007年 +COCOCHI開業 現在に至る
    写真を撮ることは高校生の頃、それは「人」から始まって、社会に出てからは
    「室内」ばかり。山へ行くようになって対象が「室外」へと変わりました。
    そして今は、構えた意図・意識などの情報量の少ない写真から ‘なにか’
    の感点を見つけて一つの形に仕立て、表現することを楽しんでいます。
【展示歴】
2014年07月 写真展『人それぞれ』Art Gallery M84(東京・銀座)
2015年01月 写真展『人それぞれのアート』Art Gallery M84(東京・銀座)
2015年07月 写真展『アートの競演 2018初夏』Art Gallery M84(東京・銀座)
2016年01月 写真展『アートの競演 2018初春』Art Gallery M84(東京・銀座)
2016年07月 写真展『アートの競演 2018文月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2017年01月 写真展『アートの競演 2018睦月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2017年07月 写真展『アートの競演 2018葉月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2018年07月 写真展『アートの競演 2018泰月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2019年01月 写真展『アートの競演 2019寒月』Art Gallery M84(東京・銀座)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●G.I.P Tokyo賞
【作品】Title : 信号はどこに 7.10、
Shooting : 2019、Printed : 2019、Editon : 1/5、Signature : Yes、Image Size : 254 x 169㎜、Print Paper Size : 297 x 210㎜、Media:ピクトラン 局紙、Print Method : Digital Pigment Print、Mat size : 348 x 420㎜、Frame size : 365 x 440㎜
1)どんな点がアート(一番最初、又は ありふれていない)なのか?
 本作品は左目がほとんど見えない私の視界を表現した作品です。晴眼者には見えて
 いない、私が見ている視界、日常を捉えています。私の日常の中で、横断歩道を渡
 る時に信号は見えません。「一体どこに信号があるのか?」「今は 渡って大丈夫
 か?」これらの不安を恒常的に感じる人は晴眼者には少ないのではないでしょうか。
2)飾りたいと思って貰える点?
 作品を見て何かしら感じてもらえる物、であることも意図の一つですが、それ以外
 にも「どこで撮ったのか?」「何を撮っているのか?」の様にも楽しんでもらえる
 ことも念頭に置いていて、幾つもの見方、楽しみ方があるところ。もしくは「面白
 い」「格好いい」と思ってもらえる作品であるところだと考えています。

【選評】背景の建物は正体で、手前の歩行者達の微妙なズレ具合が新鮮!また雲の流れが空に映える。晴眼者には判らない視野を消失するとこんな風に見えることへの驚き、単なるコラージュでは無い、今まで見た事の無いなんとも不思議な作品である。
AR1068606
【作家】豊吉 雅昭(Masaaki Toyoyoshi)氏
1975年 埼玉出身
    所幸則コンテンポラリーフォトファクトリー所属。
    プラクティカルフォト7期生。
    緑内障による視野欠損が進み、現在では左目の大半の視野を消失している。
【受賞歴】
2017年01月 埼玉県流域下水道50周年記念コンテスト入選及び人気投票賞
2018年02月 日本アート教育振興会フォトレビアワード2017下半期入賞
【展示歴】
2012年12月 第7回コスモス展『vol.7』ギャラリーコスモス(東京・目黒)
2013年11月 所幸則写真展『アインシュタインロマン』Gallery Conceal(東京・渋谷)
2017年11月 所幸則C.p.f.写真展『進化evolution2017』Gallery Conceal(東京・渋谷)
2018年07月 写真展『アートの競演 2018観月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2019年01月 写真展『アートの競演 2019寒月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2019年04月 所幸則C.p.f.写真展『進化evolution2017』Gallery Conceal(東京・渋谷)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●フレームマン賞
【作品】Title : Sui Sha190606`Uminomo`、
Shooting : 2019、Printed : 2019、Editon : Open、Signature : Yes、Image Size : 222 x 333㎜、Print Paper Size : 345 x 422㎜、Media:Canon Premium mat、Print Method : Digital Pigment Print、Frame size : 368 x 444㎜
1)どんな点がアート(一番最初、又は ありふれていない)なのか?
 砂浜からより海の奥の方へと岩場を進んでいくと、水際には様々な種類の海藻が密
 生していて、海水の動きにならうように揺らめいている。よせてはかえす赤や緑や
 黄色の動きを、ぼんやりと眺めながら撮っていた。水彩画のように仕上げる過程で
 様々な色の頒布を眺めていたその時、静けさに潜んでいた歓喜が彩として現れてき
 た。観ていた風景だけれど、全く別のものへと変わった。
2)飾りたいと思って貰える点?
 寒色系の色がメインですが色調に幅があり、壁に華を添えるように感じてもらえる
 作品です。海のようにも、山肌に咲く満開の花群のようにも感じて、観る人の心そ
 れぞれが、いつの間にかさがしもの。見つけてみてください。

【選評】岩場に波打つ藻の色合いや額装の仕方が綺麗。飾りたい写真です。余白も作品の一部でありイメージが左に寄っているレイアウトが斬新。用紙の選び方によってはもっと奥行き感が出せる等、課題はあるが、まだまだ良くなる余地がある。
AR1068603
【作家】冨田 陽子(Yoko Tomita)氏
他の情報は、M84賞記載と同じ
以上

写真展『アートの競演 2019涼月』SOLD作品

写真展『アートの競演 2019涼月』SOLD作品、7点

1.Title : Rockstar onstage(from the series `12 minutes`)、Artist : Aki Fujita Taguchi、2点
(Model : Steve Mann of Michael Schenker Fest at Tokyo International Forum Hall A on 5th September 2018)、Printed : 2019、Editon : 1/20 & 2/20、Signature : Yes、Image & Print Paper Size : 297 x 198㎜、Print Method : Digital Pigment Print(Face mounted acrylic)、Frame size : 297 x 198 x 25㎜
AR1068586

2.Sui Sha190606`Kawamo`、Artist : Yoko Tomita、2点
Shooting : 2019、Printed : 2019、Editon : Open、Signature : Yes、Image Size : 286 x 319㎜、Print Paper Size : 345 x 422㎜、Media:Canon Premium mat、Print Method : Digital Pigment Print、Frame size : 368 x 444㎜
AR1068589

3.Sui Sha190606`Uminomo`、Artist : Yoko Tomita、1点
Shooting : 2019、Printed : 2019、Editon : Open、Signature : Yes、Image Size : 222 x 333㎜、Print Paper Size : 345 x 422㎜、Media:Canon Premium mat、Print Method : Digital Pigment Print、Frame size : 368 x 444㎜
AR1068578

4.信号はどこに 7.10、Artist : Masaaki Toyoyoshi、2点
Shooting : 2019、Printed : 2019、Editon : 1/5 & 2/5、Signature : Yes、Image Size : 254 x 169㎜、Print Paper Size : 297 x 210㎜、Media:ピクトラン局紙、Print Method : Digital Pigment Print、Mat size : 348 x 420㎜、Frame size : 365 x 440㎜
AR1068605
以上

写真展『ロベール・ドマシーなどのピクトリアリズム』SOLD作品

写真展『ロベール・ドマシーなどのピクトリアリズム』SOLD作品

07. La Leçon de musique, années 1890、Robert Domaschy / ロベール・ドマシー
  Edition:Open、Signature : No
  Image Size: 230 x 170mm、Print Paper Size:245 x 188mm
  Print Method:Tirage moderne Platinum、Printed : 1984、Printer:Claudine Sudre
  Mat・Frame Size:450 x 550mm
AR1068513

14. Eleonore Duse、Edward Steichen / エドワード・スタイケン
  Edition:Open、Signature : No
  Image Size: 134 x 177mm、
  Print Paper Size:140 x 183mm、Mount Size : 185 x 255mm
  Print Method:Photogravure、d’après“Photographische Mitteilungen”1903
  Mat・Frame Size:406 x 508mm
AR1068512

28. Prid、Osamu FUJITA /藤田 修
  Edition:1/7、Signature : Yes
  Image Size: 360 x 770mm、Print Paper Size:440 x 890mm
  Printed : 2015、Media:Hahnemüehle
  Print Method:photopolymer gravure,dry point on chine colle
  Mat・Frame Size:470 x 920mm
AR1068507
以上

写真展『ロベール・ドマシーなどのピクトリアリズム』SOLDグッズ

写真展『ロベール・ドマシーなどのピクトリアリズム』SOLDグッズ

【ポストカード】
1.ヌード(ロベール・ドマシー)  15点
ヌード

2.プリマベラシリーズ(ロベール・ドマシー) 13点
ポストカード プリマベラ

3.セーヌ河のペニッシュ(ロベール・ドマシー)  6点
セーヌ河のペニッシュ

4.読書(コンスタン・ピューヨ) 10点
読書

5.鏡の前の女(コンスタン・ピューヨ) 7点
鏡の前の女

6.ソファの女(コンスタン・ピューヨ) 11点
ソファーの女

7.ノートルダム寺院(アンドレ・アッシェット) 12点
ノートルダム寺院

8.なぎ(H・ファデル) 6点
船

【フランスのピクトリアリスト達 1896 – 1930】 20冊、完売
フランス写真協会コレクション展図録、1988年発行、サイズA4
A図録
以上

飾りたいと思う写真展『アートの競演 2019涼月』を開催

Art Gallery M84は、2019年7月15日(月)より飾りたいと思う写真展『アートの競演 2019涼月』を開催致します。

今回の作品展は、Art Gallery M84の第88回目の展示として実施する一般公募展です。作品をお部屋に飾りたい、又は収集して眺めたいと思う作品が見つかるかもしれないのが飾りたいと思う写真展『アートの競演2019涼月』です。

作家本人がアートと思う作品です。これはなんだと考えさせるなんとも不思議な作品、今まで見た事の無い美しい作品、ずっと眺めていても飽きない作品、見ているだけで癒される作品など、あなたの感情や感覚を揺れ動かすお気に入り作品に出会えるチャンスです。見る人に理解されない作品もあるかもしれません。作家は、感情や感覚を表現する事が大切です。誰かが作品を見て絶賛したとしても、他の人もそう思うとは限らないのです。アートは主観的であり、美は見る人の心の中にあります。お互いのアート性を競っているかのような、写真を芸術として創作した23点の作品を展示いたします。

リビングやオフイスに作品を飾り、毎日眺めるのも素敵だと思います。写真作品と身近に出会え、作品を収集してみるのも良いものです。1800年代末期の欧州で、写真はその記録性のみが注目されて、芸術作品としての認識や評価はなされておりませんでした。日本の現写真分野において芸術作品の位置付けがどの様になっているのだろうかと考えるきっかけになればと思っております。
前回の展示風景 ☞ http://artgallery-m84.com/?p=5786

M84開設1周年を記念して開催(2014.7.21〜)した写真展「人それぞれ」、その後、名称を写真展『アートの競演』に変更、年に2回開催、今回で11回目の開催となります。作品募集要項 ☞ http://artgallery-m84.com/?page_id=12

次の賞(M84賞、G.I.P.Tokyo賞、フレームマン賞)を設定しておりますが、後半には判明する予定なので、ご確認頂ければと思います。
前回の受賞作品 ☞ http://artgallery-m84.com/?p=5894
最終日を除き、毎日19時まで開催しておりますので、仕事帰りにもお立ち寄りください。日曜日もオープンしております。

※オープニングパーティー & 作品説明等「7月15日(月)18:00~」と
クロージングパーティー & 賞状授与等「7月27日(土)15:00〜」を予定しております。
飲み物、おつまみ等の差し入れを歓迎します。

【出展作家】12名(敬称略)
Aki Fujita Taguchi(アキ・フジタ・タグチ)、異空間亭 写落(イクウカンテイ・シヤレ)、宇津井 志穂(ウツイ・シホ)、Elemi filling(エレミ・フィリング)、北尾 辰也(キタオ・タツヤ)、谷 明(タニ・アキラ)、冨田 陽子(トミタ・ヨウコ)、豊吉 雅昭(トヨヨシ・マサアキ)、野田 光治(ノダ・コウジ)、fooh(フゥー)、降旗 良房(フリハタ・ヨシフサ)、ユアン(ユアン)、等。

【写真展開催概要】
名  称 : 飾りたいと思う写真展『アートの競演 2019涼月』
作 品 数 : 23点
主  催 : Art Gallery M84
協  力 : (株)ジー・アイ・ピー、(株)フレームマン
展示期間 : 2019年7月15日(月)〜7月27日(土)
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~19:00(最終日17:00まで)
休 館 日 : 会期中無休
入 場 料 : 無料
U R L : http://artgallery-m84.com/?p=6269

<飾りたいと思う写真展『アートの競演 2019涼月』イメージ画像 / 前回のM84賞>
AYUオリジナル
クレジット: Set Me Free © Yuan / M84
Title : Set Me Free、Signature : Yes、Edition : 1/2
Photography year : 2018、Printed : 2018
Image Size : 188 x 280㎜
Print Paper Size : 210 x 298㎜
Print Method : Digital Pigment Print
以上

Elliott Erwitt写真展『Dog Dogs等』SOLD作品

Elliott Erwitt写真展『Dog Dogs等』SOLD作品

11.North Carolina, 1950
  Edition:0pen、Signature : Yes
  Image Size: 310 x 208mm、Print Paper Size:356 x 279mm
  Media:baryta paper、Print Method:Gelatin Silver Print
  Mat・Frame Size:508 x 406mm
AR1068446
以上

写真展『ロベール・ドマシーなどのピクトリアリズム』を開催

Art Gallery M84は、2019年5月27日(月)より写真展『ロベール・ドマシーなどのピクトリアリズム』を開催致します。

今回の作品展は、Art Gallery M84の第87回目の展示として実施する企画展です。
写真展『ロベール・ドマシーなどのピクトリアリズム』は、ロベール・ドマシー(Robert Demachy)やコンスタン・ピューヨ(Constant・Puyo)、そしてエドワード・スタイケン(Edward Steichen)などの作品を展示することにより、美を追い求めた当時の写真家達の想いを感じて頂き、また日本の現写真分野において芸術作品の位置付けがどの様になっているのだろうかと考えるきっかけになればと思っております。

印象派の代表的な画家 セザンヌ(Paul Cézanne)、ドガ(Edgar Degas)と競ったピクトリアリズムを代表する写真家ロベール・ドマシー。フランス政府が所有するロベール・ドマシーのオリジナルガラス原板から政府公認の名プリンター クロディンヌ・スュードル(Sudre・Claudine)が焼き付けたプリント(プラチナプリント)も11点展示します。尚、貴重なclub photo de Parisの会報や写真集なども展示致しますので、この機会をお見逃しないようにお楽しみ頂ければと思います。

ピクトリアリズム(写真の芸術性を追求する絵画主義)は、1800年代末期に一世を風靡した写真の潮流です。写真技術の科学者と写真師は同じくくりで扱われていたが、このことに芸術としての写真を目指す人達が不満を持ったのが、ピクトリアリズム写真誕生のきっかけと言われています。当時、写真はその記録性のみが注目されており、芸術作品としての認識や評価はなされておりませんでした。そんななか写真を芸術と認知させるべく、絵画的な写真を目指す動きが広がりました。

【ロベール・ドマシー(Robert Demachy)について】
銀行家の息子として生まれたドマシーは莫大な遺産を相続し、経済的に恵まれていた。当時ヨーロッパでは裕福で熱心な写真家達が様々な手法により写真と美術の融合を試みていた。ドマシーもその一人であったが、多くのそうした写真家達の中にあって彼の作品は今でも真の芸術的な価値を持ち続けている。その頃の写真家の多くが絵画などに似た写真を芸術作品と考えていたように、ドマシーも普通に自然などを写し撮った写真に対して反感を抱いていた。彼は様々な特殊技法を試み、視覚的な美を追求した。
1859年 パリ郊外のサンジェルマンアンレーで生まれる。
1888年 写真美学を主張するclub photo de Parisを結成。
1895年 club photo de Parisでガムプリントの展覧会開催。
    ロンドンのThe Linked Ringに選出。
1904年 雑誌「Camerawork」に掲載。
1905年 ロンドンの王立写真協会に選出。
1911年 modern bromoil processを完成。
その後Paris, Vienna、NY、Londonで展示。国際的に観客を魅了。

【写真展概要】
名  称 : 写真展『ロベール・ドマシーなどのピクトリアリズム』
作 品 数 : 約26点
作品販売 : 展示作品は、全て購入可能
主  催 : Art Gallery M84
期  間 : 2019年5月27日(月) ~ 7月6日(土) ※休館日を除く
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 〒104-0061東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~18:30(最終日17:00まで)
休 館 日 : 日曜日
入 場 料 : 500円
URL : http://artgallery-m84.com/?p=6260

<写真展『ロベール・ドマシーなどのピクトリアリズム』代表作品>
Aロベール・ドマシー 「音楽レッスン」
La Leçon de musique © Robert Demachy

1
Série Primavera © Robert Demachy
以上

Elliott Erwitt写真展『Dog Dogs等』SOLDグッズ

Elliott Erwitt写真展『Dog Dogs等』SOLDグッズ

1.DOG DOGS(古書)、Elliott Erwitt、12冊 完売
Pahidon Press、ペーパーバック、512頁、1998/2005年刊行、124 x 35 x 184mm
マグナムの写真家のなかでも無類の犬好きであるエリオットアーウィットによる、なんと500点もの犬のいるユーモラスで愛情あふれるスナップ
61cTNCbbIIL._SX331_BO1,204,203,200_

2.Dogs(古書/新品)、Elliott Erwitt`s、11冊 完売
Te Neues Pub Group、ハードカバー(古書)、144頁、2008刊行、273 x 19 x 362mm 1冊
Te Neues Pub Group、ハードカバー(古書)、144頁、2012刊行、235 x 19 x 298mm 5冊
Te Neues Pub Group、ペーパーバック(新品)、142頁、2017刊行、152 x 6 x 190mm 5冊
アーウィットのライフワークのひとつとも言える犬の写真。その傑作を集めた本作は、写真好き、アーウィット好きはもちろん、犬好きにも是非見てもらいたい一冊です。
41ztK5G1WHL._SX369_BO1,204,203,200_

3.To The Dogs(古書)、Elliott Erwitt、1冊 完売
Power House Books、ハードカバー、144頁、1992年刊行、254 x 19 x 292mm
パリの街角、ショーウィンドウの前、飼い犬、ビーチの人間にまぎれる姿… 犬のさまざまなシーンがユーモラスに切り取られています。
Tothedogs

4.Snaps Abridged版(新品)、Elliott Erwitt、25冊 完売
Pahidon Press、ハードカバー、240頁、2013年刊行、270 x 190 mm
ユーモアとウィットに満ちた一瞬を捉えるスナップ写真の名手エリオット・アーウィットの作品を収めたヴォリュームたっぷりの1冊。
RS=^ADBI50xlLhJ_i1K_0.Hr109TAnmzYM-;_ylt=A2RimE

5.Home Around the World(新品)、Elliott Erwitt、2冊
Aperture、ハードカバー、311頁、2016年刊行、250 x 220mm
2016年夏にテキサス大学ハリー・ランサム・センターで行われたエリオット・アーウィットの回顧展に合わせて出版された写真集。200点以上の作品からエリオット・アーウィットの写真家としての比類なき人生を再考する。
51qU6P7EbGL._SX426_BO1,204,203,200_

6.Personal Exposures(新品)、Elliott Erwitt、4冊 完売
W.W. Norton & Co., Inc. ハードカバー 255頁 1988年刊行
どこにでもある光景でも、アーウィットの手にかかればユーモラスで少しほろ苦い人間喜劇となります。248枚のダブルトーン印刷による写真集。
41dX8py2j5L._SX434_BO1,204,203,200_

7.Elliott Erwitt Rome,et.al.愛しのイタリア 展覧会カタログ(新品)、20冊 完売
116頁、2012年刊行、マグナム・フォト東京支社、ソフトカバー
Aローマ

8.Elliott Erwitt’s Scotland(新品)、1冊 完売
ハードカバー: 159頁 2018年刊行、Te Neues Pub Group
81YnAsY1nFL
以上