開催案内

ベッティナ・ランス写真展『密室』No.5
2020.09.14-10.03
詳細情報
ランスDM
SOLD作品
フランスを代表する女性写真家ベッティナ・ランスは、セルジュ・ブラムリーの小説とコラボレーションによる1990年から1992年に制作されたパリの女性達を撮影したヌード写真集(Chambre Close/シャンブル・クローズ=密室)で、あられもないポーズが話題となりヨーロッパだけでなく米国、日本、韓国、オーストラリア、モスクワでもベストセラーとなり世界中にその名が広がったと言います。世界的な写真家として名声を得る切っ掛けとなった貴重な作品、約30点を展示します。

作品の中には、「ランスでなければ写せない」とまで言われるしぐさや眼差しとともに、本能的な女性達の姿を捉えるベッティナ・ランスの魅力に迫りたいと思います。

1952年 France・Paris生まれ。
1978年 雑誌「エゴイスト」からデビュー。
1980年 作品「Female Trouble」を制作。
1981年 Pompidou Centreで初個展。
1994年 Paris市写真大賞受賞。
1995年 France大統領公式カメラマン。
1997年 レジヨン・ドヌール勲章受賞。
2010年 自叙伝的な「Rose, c’est Paris」発表。

曼荼羅蟲螻田保橋淳展
2020.10.05(月)-10.10(土)
詳細情報
田保橋淳個展代表画像
デジタル版画で、この世界の第一人者である田保橋淳が21年の間「オンリーワン」として取り組んできた世界であります。身近な花と鳥を表現要素として曼荼羅の構成システムを駆使し、非日常な田保橋ワールドを創造する手法による作品でした。

今年造園50年になる自慢の花も香りも実も災害からの影響かすっかりダメになったが、殺虫剤も不要なほど害虫がいなくなった。今回は、ムシケラ野郎と目の敵にした過去の亡きムシケラたちを追悼の意を捧げ、虫螻を曼荼羅で表現した不思議な田保橋淳の世界観を感じていただければ幸いです。購入可能なデジタル版画、約30点の作品を展示致します。

金沢美術工芸大学美術科油彩専攻卒、元)多摩美術大学グラフィックデザイン科教授・同学科長、現)多摩美術大学名誉教授、金沢美術工芸大学名誉客員教授。
ニューヨーク近代美術館作品所蔵

仮)Philippe Salaün写真展『猫や犬など動物達』(仮)
2020.10.12-11.21
サルーンDM

犬・猫A
©︎ Philippe Salaun / G.I.P.Tokyo

予定)ヒューマニストの潮流にあるモノクロの写真家であるフィリップ・サルーン。今回の展示は、彼の日常で猫や犬などの動物達をユーモラスに捉えた作品である。

彼は、これまでにロベール・ドアノーやエドワード・ブバ、ビル・ブラント等、フランスを中心としたヨーロッパの著名写真家の作品を紙焼きして、プリントアーティストとしての地位も築きあげた。そして若い人の指導にも当たり、これまでに数回来日して、プリントワークショップを開催している。分かり易い暗室作業は多くのファンを持っており、プリントの魅力を社会に伝えてきた。

作品はフランス国立図書館、ニエプス美術館、Stedekijk Museumをはじめ各地の数多くの美術館などに収蔵されている。

1943年 フランスに生まれる。
1968年 パリでスタジオの助手となる。
1970年 写真家として活動。世界で写真展開催
一方プロラボでの技術習得を始める。
1979年 プリント専門のアトリエをパリでス
タートさせる。
現在パリ在住。

最近の個展歴
1992 Musée Nicéphore-Niépce (France)
2003 Le Carré d’art(Chartres)
2004 Fnac Montparnasse(Paris)
2005 Galerie Les Voisins (Paris)
2013 Médiathèque Opale Sud (Berck)
2013 Bloom Gallery (Osaka, Japon)
2015「The Funny Side of the Street」EATON FINE ART (Miami)

(仮)写真展『オードリー・ヘプパーンとその時代の女優達』(仮)
2020.11.23-12.26/ 2021.1,11-1.30
R1049224_convert_20160110104209
Young Wives’ Tale ©︎ Frank Buckingham
予定)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>