開催案内

取扱作家
Jeanloup Sieff写真展『Fashion portrait』
2017.05.22-06.24
詳細情報
D
© The Estate of Jeanloup Sieff / G.I.P.Tokyo
フランスを代表する写真家であり、1950年代にデビューしてから2000年に急逝するまでの半世紀に渡り、第一線で活躍してきた巨匠のジャンルー・シーフ。 突然の訃報から10年後、夫人のバルバラを中心に未発表作品の見直しが行われ、これらの作品は、作家と共に歩んだ名プリンター「イブ・ブレガン」により伝説の暗室で蘇りました。今回は、G.I.Pコレクションの中からジャンルー・シーフのその蘇ったFashion Portrait作品、約30点を展示します。非常に希少性の高いゼラチンシルバープリントによるモノクローム作品です。シーフの独特な視点から切り取られた世界は、気品さと厳格さがあり、改めてジャンルー・シーフの魅力に迫りたいと思います。

何故未発表だったのか、後に発表する筈だったのか、選定について作家の領域にどこまで踏み込めるのか、シーフのこだわったプリント表現など知られざる作品の興味はつきないでしょう。ゼラチンシルバープリントの銀塩粒子、バライタ印画紙の絶妙なトーンによる力強い格調高い表現はまさにモノクロ写真芸術です。時代が経過しても何ら古臭さを感じない作品の魅力によるものだといえるでしょう。シーフ固有の力強い垂直画面と広角レンズの巧みな表現をお楽しみください。

降旗良房写真展『surface ⇄ undercurrent』
2017.06.26-07.08
詳細情報
_DSC2251-2
光を捉え刻々と変化をみせる水面に心を奪われ、これを撮り続けるうちに、絶え間なく変化するその奥底にも様々な表情が見える瞬間を見つけて撮影した作品である。彼の作品は、何をどうやって撮影したのか良く判らない写真も多いが、その表現に惹かれるお客様方も多く、公募展にて5回連続で作品が売れている作家でもある。視覚から認知する彼の初個展『表層から底流まで』約30点の作品をご覧ください。

1963年 東京都出身。
2012年 写真家渡部さとる氏主催のWorkshop
2Bに参加。

2016年07月 写真展『アートの競演2016文月』
M84賞受賞
2017年01月 写真展『アートの競演2017睦月』
G.I.P.Tokyo賞受賞

取扱作家
Tamayo Horiuchi Photo Exhibition『Sospiro / ため息』
2017.07.10-07.22
IMG_6221
イタリアの国際コンクールで写真部門大賞を2回も受賞した日本の女性写真家の作品です。パリの音楽学校やソルボンヌ大学通学後も、ピアノ教師として6年パリに生活。その後、東京とパリを行き来しながら、写真と詩作を中心とした活動を始め、そしてイタリアに移住して写真家として活躍している異色の経歴を持つ。

始まりから終わりまで途切れることなく流れるピアノ伴奏。一つ一つの音符が一つ一つのエモーションとなって、シンプルに時には複雑に組み込まれ、そして更に広がりながら大きな流れるような甘美な旋律を感じさせるピアノの魔術師と呼ばれた作曲家フランツ•リストの名曲「Un Sospiro / ため息」。

この世界に生かされるために途切れることなく続く呼吸を伴奏に、一枚の写真を通して捉える動きと静けさのため息を1つ1つ音符のように奏でる写真表現を今回のテーマに取り組んだ彼女の新作未発表作品、約30点を展示致します。

2004年 イタリア•ヴィッラファルセッティ∙ビエンナーレ国際コンクール写真部門大賞受賞
2004年 イタリア•ピザ「EM’ARTE2004」国際コンクール、芸術写真部門大賞受賞

夏期休館
2017.07.24-07.29
写真展『アートの競演 2017葉月』の搬入・設営
飾りたいと思う写真展『アートの競演2017葉月』
2017.07.31-08.12
Aアートの競演葉月PR画像
写真展『アートの競演2017葉月』は、作家がアートとして仕上げた作品をご購入頂ける写真展です。写真作品の可能性を広げるとともに、アートとしての写真を身近に認知されていることを願っております。

お部屋に飾りたい、又は収集して眺めたいと思う作品が見つかるかもしれません。作家は、感情や感覚を表現する事が大切です。見る人に理解されない作品もあるかもしれません。アートは主観的であり、美は見る人の心の中にあります。誰かが作品を見て絶賛したとしても、他の人もそう思うとは限らないのです。

これはなんだと考えさせるなんとも不思議な作品、今まで見た事の無い珍しい表現の作品、ずっと眺めていても飽きない作品、見ているだけで癒される作品など、あなたの感情や感覚を揺れ動かすお気に入りの作品に出会えるチャンスです。

仮)Bettina Rheims写真展『Chambre Close』
2017.08.14-09.16
予定
未定
2017.09.18-09.30
未定
展『xxxx』
2017.10.02-11.04
未定
臨時休館
2017.11.6-11.18
fotofever fotofever 2017 paris / PHOTOGRAPHYART FAIR réception (carrousel du louvre)
PHOTO DOC
photo doc 2017 (Marie, Paris)
PARIS PHOTO
Paris Photo 2017 (Grand Palais)
展『xxxx』
2017.11.20-12.02
未定
展『xxxx』
2017.12.04-12.16
未定
年末年始休館
2017.12.17-2018.01.06
冬季休館
展『xxxx』
2018.01.08-02.03
未定
仮)作品展『EX倶楽部』
2018.06.19-07.01
予定)日本の高度成長時代を商品デザインで担った方々。美へのこだわりは半端無い。元大手企業デザイン部門の重人達による作品展。
夏期休館
2018.07.03-07.08
写真展『アートの競演 2018文月』の搬入・設営
部屋に飾りたいと思う
写真展『アートの競演 2018文月』
2018.07.10-07.22
写真展『アートの競演2018文月』は、作家がアートとして仕上げた作品をご購入頂ける写真展です。写真作品の可能性を広げるとともに、アートとしての写真を身近に認知されていることを願っております。

お部屋に飾りたい、又は収集して眺めたいと思う作品が見つかるかもしれません。作家は、感情や感覚を表現する事が大切です。見る人に理解されない作品もあるかもしれません。アートは主観的であり、美は見る人の心の中にあります。誰かが作品を見て絶賛したとしても、他の人もそう思うとは限らないのです。

これはなんだと考えさせるなんとも不思議な作品、今まで見た事の無い珍しい表現の作品、ずっと眺めていても飽きない作品、見ているだけで癒される作品など、あなたの感情や感覚を揺れ動かすお気に入りの作品に出会えるチャンスです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>