開催案内

飾りたいと思う
写真展『アートの競演 2020明春』

2020.01.13-01.25
詳細情報
アートの競演2020名春DM
展示風景
受賞作品
SOLD作品
SOLDグッズ
部屋に飾りたいと思って作品を観るのと、単に作品を眺めるのでは違うのです。作品を飾ろうと決めたら、考えることや気づくことが沢山あります。是非、どれかを飾ろうと思って作品を見てください。

作家本人がアートと思う作品です。これはなんだと考えさせるなんとも不思議な作品、今まで見た事の無い美しい作品、ずっと眺めていても飽きない作品、見ているだけで癒される作品など、あなたの感情や感覚を揺れ動かすお気に入り作品に出会えるチャンスです。見る人に理解されない作品もあるかもしれません。作家は、感情や感覚を表現する事が大切です。誰かが作品を見て絶賛したとしても、他の人もそう思うとは限らないのです。アートは主観的であり、美は見る人の心の中にあります。お互いのアート性を競っているかのような、写真を芸術として創作した約40点の作品を展示いたします。

前回のM84賞の受賞作品は、自然の川面を撮影してインクジェットプリンターで出力、今まで見た事の無い水彩画の様な作品なんです。今回も次の賞(M84賞、G.I.P.Tokyo賞、フレームマン賞)を設定しておりますが、後半には判明する予定です。

ベッティナ・ランス写真展『密室』No.4
2020.01.27-02.29
詳細情報
ベッティナ・ランス写真展
フランスを代表する女性写真家ベッティナ・ランスは、セルジュ・ブラムリーの小説とコラボレーションによる1990年から1992年に制作されたパリの女性達を撮影したヌード写真集(Chambre Close/シャンブル・クローズ=密室)で、あられもないポーズが話題となりヨーロッパだけでなく米国、日本、韓国、オーストラリア、モスクワでもベストセラーとなり世界中にその名が広がったと言います。世界的な写真家として名声を得る切っ掛けとなった貴重な作品、当ギャラリー初展示の23作品を含め約30点を展示します。

作品の中には、「ランスでなければ写せない」とまで言われるしぐさや眼差しとともに、本能的な女性達の姿を捉えるベッティナ・ランスの魅力に迫りたいと思います。

1952年 France・Paris生まれ。
1978年 雑誌「エゴイスト」からデビュー。
1980年 作品「Female Trouble」を制作。
1981年 Pompidou Centreで初個展。
1994年 Paris市写真大賞受賞。
1995年 France大統領公式カメラマン。
1997年 レジヨン・ドヌール勲章受賞。
2010年 自叙伝的な「Rose, c’est Paris」発表。

モノクロ写真(芸術)作品展『ヘルムート・ニュートンなど』
2020.03.02-04.04詳細情報
Aニュートン
French Vogue, Saumur 1980 © Helmut Newton Foundation

スケートをする子供たちLes Gosses a roulettes, 1949 © Atelier Robert Doisneau / Contact

『ヴォーグ』で認められ、20世紀を最も騒がせたドイツのファッション写真家ヘルムート・ニュートンの作品を代表に、子供たちを捉えたヒューマニズム溢れる作品を撮影したフランスの写真家ロベール・ドアノーや、どうすれば光を“自分の見た”風景に忠実なかたちで、モノクロプリントに定着させるかを模索したアメリカの写真家アンセル・アダムスなど10名の海外で有名な写真家の作品で構成しています。子供たち、恋人たち、女性のヌード、ポートレート、ファッション、風景など、題材こそ違えど、極めて美的で有り、これらの作品はモノクロの芸術写真とも言えるでしょう。

作品はすべて伝統的なクオリテイを醸し出す銀塩印画紙で表現されており、一部はヴィンテージプリントの暖かさも感じることができます。日本ではあまり知られてなくても海外で有名な世界的な写真家も含まれています。コレクター必見、写真集に掲載されている作品や表紙になっている作品もあります。全てゼラチンシルバープリントで、約30作品を展示致します。この機会にお楽しみ頂けたと思います。

【展示作家 10名】
Ansel Adams(アンセル・アダムス)
Elliott Erwitt(エリオット・アーウィット)
F.C.Gundlach(F.C.グンドラッハ)
Francesco Scavullo(フランセスコ・スカヴロ)
Helmut Newton(ヘルムート・ニュートン)
IZIS(イジス)
Jeanloup Sieff(ジャンルー・シーフ)
Lucien Clergue(ルシアン・クレルグ)
Robert Doisneau(ロベール・ドアノー)
Sante D’Orazio(サンテ・ド・ ラジオ)

写真展「The minks 2020」
2020.04.06-04.11
予定)
仮)写真展『往年のハリウッドスターたち、モンロー等』(仮)
2020.04.13-05.16
マリリン
予定)アルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』に主演のノーマン・ベイツ役で出演し強烈な印象を残したアンソニー・パーキンス、『可愛い悪魔』で愛くるしい顔と滑らかな肢体のコンビネーションから男を虜にした“自由奔放な小悪魔”ブリジット・バルドー、『チート』でその名を全米で知られ『戦場にかける橋』にも出演、日本人で最初にハリウッドのトツプスターとなった早川雪洲、『七年目の浮気』で地下鉄の通気口に立ち白いスカートがふわりと浮き上がる映画史上に残る有名なシーンのマリリン・モンロー等、ハリウッドスターたちの肖像は心のレガシーとなって記憶を呼び戻してくれるでしょう。お楽しみ頂けたらとおもいます。

ワーナー・ブラザーズ・スタジオやコロンビア・ピクチャーズで撮影を担当した写真家ジョージ・ハーレルや、ハリウッド女優グレタ・ガルボを撮影した写真で有名になった写真家クラレンス・シンクレア・ブル、 またジェームズ・ディーンを筆頭にハリウッドスターの写真を撮ることによってアメリカン・スピリットを呼び起こした写真家デニス・ストックなど、名立たる写真家が往年のハリウッドスターたちを撮影した作品、そして映画会社 やThe kobal Collection等から選択した作品です。とても貴重なビンテージを含むゼラチンシルバープリントで約30点を展示致します。

未定)
2020.05.18-05.23
未定)
未定)
2020.05.25-05.30
未定)
未定)
2020.06.01-06.06
未定)
未定)
2020.06.08-06.13
未定)
未定)
2020.06.15-06.20
未定)
仮)田保橋淳個展(仮)
2020.06.23(火)-06.28(日)
予定)
夏期休暇
2020.06.29-07.04
搬入日
予定)アートの競演2020水無月
2020.07.06-07.18
予定

未定)
2020.07.20-07.25
未定)
未定)
2020.07.27-08.01
未定)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>