ベッティナ・ランス写真展『密室』No.5 SOLD作品

ベッティナ・ランス写真展『密室』No.5 SOLD作品

21.Août I, Paris.
  Edition:Open、Signature : No、Image Size: 210 x 210mm   
  Print Paper Size:290 x 350mm、Print Method:Type-C Print
  Mat・Frame Size:450 x 550mm
Exif_JPEG_PICTURE

18. Octobre, Paris.
  Edition:Open、Signature : No、Image Size: 210 x 210mm   
  Print Paper Size:290 x 350mm、Print Method:Type-C Print
  Mat・Frame Size:450 x 550mm
Exif_JPEG_PICTURE

13.Mars II, Paris.
  Edition:Open、Signature : No、Image Size: 210 x 210mm   
  Print Paper Size:290 x 350mm、Print Method:Type-C Print
  Mat・Frame Size:406 x 508mm
Exif_JPEG_PICTURE

1.Novembre I, Paris.
 Edition:Open、Signature : No、Image Size: 210 x 210mm   
 Print Paper Size:290 x 350mm、Print Method:Type-C Print
 Mat・Frame Size:406 x 508mm
Exif_JPEG_PICTURE
以上

ベッティナ・ランス写真展『密室』No.5 展示の様子

2020年9月14日から開催しているベッティナ・ランス写真展『密室』No.5ですが、このコロナ禍でも、多くのお客様が来場され、女性のお客様が多いです。『恥ずかしくなく、ずっと見ていられるヌード作品ですね。いやらしさを感じない。自然な姿形。格好良いね。綺麗です。』と言ったコメントを頂いてます。

R1069778_convert_20200925164157

R1069779_convert_20200925164233

R1069780_convert_20200925164320

R1069830_convert_20200925173109

R1069801_convert_20200925170626

R1069807_convert_20200925171255

R1069808_convert_20200925173555

R1069782_convert_20200925164526

R1069781_convert_20200925164415

R1069800_convert_20200925170600

R1069831_convert_20200925173128

R1069802_convert_20200925170655

R1069810_convert_20200925171346

R1069811_convert_20200925172318

R1069812_convert_20200925172342

R1069784_convert_20200925170746

R1069783_convert_20200925164552

R1069832_convert_20200925173149

R1069803_convert_20200925170720

R1069813_convert_20200925172405

R1069814_convert_20200925172427

R1069785_convert_20200925164648

R1069815_convert_20200925172450

R1069817_convert_20200925172536

R1069816_convert_20200925172512

R1069786_convert_20200925164752

R1069798_convert_20200925170507

R1069788_convert_20200925164957

R1069787_convert_20200925170931

R1069818_convert_20200925172557

R1069833_convert_20200925173254

R1069804_convert_20200925173528

R1069819_convert_20200925172619

R1069820_convert_20200925172645

R1069821_convert_20200925172705

R1069790_convert_20200925165044

R1069789_convert_20200925165020

R1069799_convert_20200925170534

R1069834_convert_20200925173317

R1069805_convert_20200925170815

R1069822_convert_20200925172727

R1069824_convert_20200925172829

R1069792_convert_20200925165138

R1069825_convert_20200925172852

R1069791_convert_20200925165117

R1069835_convert_20200925173338

R1069806_convert_20200925170839

R1069827_convert_20200925173012

R1069828_convert_20200925173033

R1069793_convert_20200925165201

R1069829_convert_20200925173053

R1069797_convert_20200925165334

R1069794_convert_20200925165223

R1069795_convert_20200925165246以上

 

Philippe Salaün写真展『猫や犬など動物達』を開催

Art Gallery M84は、2020年10月12日(月)よりPhilippe Salaün写真展『猫や犬など動物達』を開催致します。

今回の作品展は、Art Gallery M84の第102回目の展示として実施する個展です。
 ヒューマニストの潮流にあるモノクロの写真家であるフィリップ・サルーン。今回の展示は、彼の日常で猫や犬などの動物達をユーモラスに捉えた作品群である。彼は、これまでにロベール・ドアノーやエドワード・ブバ、ビル・ブラント等、フランスを中心としたヨーロッパの著名写真家の作品を紙焼きして、プリントアーティストとしての地位も築きあげた。そして若い人の指導にも当たり、これまでに数回来日して、プリントワークショップを開催している。分かり易い暗室作業は多くのファンを持っており、プリントの魅力を社会に伝えてきた。今年で事務所を閉じるサルーン「世界的な写真家として現役最後の展示となる作品群」本人が紙焼きした貴重な約30点を展示します。

※フィリップ・サルーンが他界したとの情報が10月6日に入りました。ご冥福をお祈り致します。本展示は回顧展となります。

【Philippe Salaün (フィリップ・サルーン)略歴】
1943年 フランスに生まれる。
1968年 パリでスタジオの助手となる。
1970年 写真家として活動、世界で写真展開催。一方プロラボでの技術習得を始める。
1979年 プリント専門のアトリエをパリでスタートさせる。
    現在パリ在住。
2020年 死去

【主な最近の展示】
1992 Musée Nicéphore-Niépce (France)
2003 Le Carré d’art(Chartres)
2004 Fnac Montparnasse(Paris)
2005 Galerie Les Voisins (Paris)
2013 Médiathèque Opale Sud (Berck)
2013 Bloom Gallery (Osaka, Japon)
2015「The Funny Side of the Street」EATON FINE ART (Miami)

【写真展概要】
名  称 : Philippe Salaün写真展『猫や犬など動物達』
作 品 数 : 約30点
販  売 : 展示作品は、全て購入可能
主  催 : Art Gallery M84
期  間 : 2020年10月12日(月) ~ 11月21日(土) ※休館日を除く
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~18:30(最終日17:00まで)
休 館 日 : 日曜日
入 場 料 : 500円
URL : http://artgallery-m84.com/?p=7604

【Philippe Salaün写真展『猫や犬など動物達』代表作品】
サルーン代表画像

以上 

飾りたいと思う写真展「アートの競演 2020長月」受賞作品

2020年8月31日(月)より開催していた飾りたいと思う写真展『アートの競演 2020長月』ですが、Art Gallery M84の第99回目の展示として実施した一般公募展です。コロナ禍でもあり、感染防止対策を実施しながら開催致しました。今回から入場料を設定しましたが、多くの方々にご来場を頂き 9月12日に終了しました。作品やグッズの販売もは大変好調でした。写真を芸術として創作した約30点の作品を展示した中から3賞(M84賞、Customer賞、フレームマン賞)を決定致しました。また初の試みとして、お客様が気に入った作品が見つかって、ご購入に至らなくても会場にて作品へのメッセージを投稿頂き、9月11日末時点の投稿数でCustomer賞を決定致しましたが、多くの方々から頂いた応援メッセージは、作家の宝物となった様です。

一般公募展は同ギャラリー開設1周年を記念して開催した写真展「人それぞれ」(2014年7年21日~)から始まり、名称を写真展「アートの競演」に変更した後は、年2回の開催を実施。1800年代末期の欧州で、写真はその記録性のみが注目されて、芸術作品としての認識や評価はなされておりませんでした。日本の現写真分野において芸術作品の位置付けがどの様になっているのだろうかと考えるきっかけになればと思って開催しております。前々回から作品が如何にアートであるかをオープニングにて語る事を募集要項に加えました。

作品をお部屋に飾りたい、又は収集して眺めたいと思う作品が見つかるかもしれないのが飾りたいと思う写真展『アートの競演 2020長月』です。部屋に飾りたいと思って作品を観るのと、単に作品を眺めるのでは違うのです。作品を飾ろうと決めたら、考えることや気づくことが沢山あります。ご来場のお客様からは、凄い作品ばかりで感動しました。とか、作品の不思議さに驚いて、これも写真ですか?とのご質問がありました。旧来の概念を超えて、「感じたものを、心に思うものを表現しても良いんですね。」と言う方など、お客様ご自身もやりたいと思ってもらえているようです。

●M84賞
【作品】Title : 信号はどこに 2.19
Shooting : 2020、Printed : 2020、Editon : 1/5、Signature : Yes、Image Size : 254 x 169㎜、Print Paper Size : 297 x 210㎜、Media:Pictran Kyokushi、Print Method : Digital Pigment Print、Mat size : 348 x 420㎜、Frame size : 365 x 440㎜

1)どんな点がアート(一番最初、又は ありふれていない)なのか?
 本作品は左目がほとんど見えない私の視界を表現した作品です。晴眼者には見えていない、私が見ている視界、日常を捉えています。日常の中で、横断歩道を渡る時に信号は見えません。「一体どこに信号があるのか?」「今は渡って大丈夫か?」これらの不安を恒常的に感じる人は晴眼者には少ないのではないでしょうか。こういった点を写真作品として構成し、更には不安や驚きなどの心理的な要素を加えて作品にしています。
2)飾りたいと思って貰える点?
 作品を見て何かしら感じてもらえるというのは勿論ですが、それ以外にも「どこで撮ったのか?」「何を撮っているのか?」の様にも楽しめる事も念頭に置いていて、幾つもの見方、楽しみ方があるようにしています。見てもらった時に美しいと感じてもらえるものである事、更には考えたり想像したりといった楽しみ方も、飾ってもらえる作品の重要な要素ではないかと考えて制作しています。

【選評】背景の建物は正体で、歩行者達の微妙なズレ具合が新鮮、そして手前に伸びたその長い影が面白い!晴眼者には判らない視野を消失するとこんな風に見えることへの驚き、単なるコラージュでは無い、なんとも不思議な作品である。
AA1069741

【作家】豊吉 雅昭(Masaaki Toyoyoshi)氏
1975年 埼玉出身
所幸則コンテンポラリーフォトファクトリー所属。
プラクティカルフォト7期生。
緑内障による視野欠損が進み、現在では左目の大半の視野を消失している。

【TV出演】
2020年08月 緑内障患者/写真家としてNHK Eテレの番組出演

【受賞歴】
2017年01月 埼玉県流域下水道50周年記念コンテスト入選及び人気投票賞
2018年02月 日本アート教育振興会フォトレビアワード2017下半期入賞
2019年07月 飾りたいと思う写真展『アートの競演 2018涼月』G.I.P Tokyo賞受賞
2019年11月 日本アート教育振興会主催「art photo展2019」ベストフォトグラファー賞受賞

【展示歴】
2012年12月 第7回コスモス展『vol.7』ギャラリーコスモス(東京・目黒)
2013年11月 所幸則写真展『アインシュタインロマン』Gallery Conceal(東京・渋谷)
2017年11月 所幸則C.p.f.写真展『進化evolution2017』Gallery Conceal(東京・渋谷)
2018年07月 写真展『アートの競演 2018観月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2019年01月 写真展『アートの競演 2019寒月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2019年04月 所幸則C.p.f.写真展『進化evolution2017』Gallery Conceal(東京・渋谷)
2019年07月 写真展『アートの競演 2018涼月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2019年11月 日本アート教育振興会主催『art photo展2019』目黒区美術館(東京・目黒)
2019年11月 所幸則写真展『Einstein Romance Color』Gallery Conceal(東京・渋谷)
2020年01月 写真展『アートの競演 2018明春』Art Gallery M84(東京・銀座)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●Customer賞
【作品】Title : Free
Shooting : 2020、Printed : 2020、Editon : 1/10、Signature : Yes、Image Size : 210 x 298㎜、Print Paper Size : 210 x 298㎜、Media: Pictran Kyokushi Baryta、Print Method : Digital Pigment Print、Frame size : 348 x 424㎜

1)どんな点がアート(一番最初、又は ありふれていない)なのか?
 今、この今の情報の中ー真実とは?ー 作り出された現実は自らの選択で決まる。そう心の中は常に自由である。街ゆく少女には自由を描くことを許されている。そう、常に心の中に。それを投影するかのように、少女は髪をなびかせ軽快に通り過ぎる。
2)飾りたいと思って貰える点?
 この作品は加工を加えることにより、絵画のようなイラストのような形状になり 『ART』として捉えることができる。イメージは、ストリートアートのようなペイントアート画に近い。 

【選評】監視カメラの前を、髪を振り乱しながら歩く姿が印象的。監視カメラが増える社会で個人のプライバシーや自由を描いた壁画のような不思議な作品である。背景のワインカラーが映える。ダブルマットの額装もバランスが良い。
Exif_JPEG_PICTURE

【作家】Junko Sakamoto(サカモト・ジュンコ)氏
公募展などをきっかけに2016年より写真家として活動を開始。
collageデザインの作家活動など。

【受賞歴】
2016年05月 Instagram ブリジストン主催フォトコンテスト『ONIBUS COFFEE賞』受賞
2017年04月 Instagram 綾鷹主催フォトコンテスト『おもてなし綾鷹賞』受賞
2017年05月 Instagram 小林製薬主催フォトコンテスト『Sawaday優秀賞』受賞
2017年11月 Instagram Nader主催第一回「#写真展」(テーマ:アーリーオータム)入選
2020年01月 飾りたいと思う写真展『アートの競演 2020明春』フレームマン賞受賞

【講師歴】
2019年08月 Workshop『光りと影のポートレートアート 』海、展望台周辺(石川・加賀)

【展示歴】
2016年12月 Foxy『Art Exhibition』GALLERY bar渋谷(東京・渋谷)
2018年04月 写真展『#film is not dead』Design Festa Gallery(東京・原宿)
2018年08月 写真展『駄カメラ』iia gallery(東京・小伝馬町)
2018年09月 写真展『FILM LOVERS』Nader(東京・青山)
2018年10月 写真展『狂子』Design Festa Gallery(東京・原宿)
2019年01月 写真展 NHK BS『Tokyoディープ』アウラ舎(東京・押上)
2019年01月 写真展『コイスル♡セカイタビ』Space K代官山(東京・代官山)
2019年03月 写真展『フイルムレポート日本、海外発信』Original Wolfen(東京・銀座)
2019年04月 写真展『フォト茶Vol.01』iia gallery(東京・小伝馬町)
2019年08月 写真展『フォト茶GR』iia gallery(東京・小伝馬町)
2019年10月 写真展『写真と小説』PaperPool(東京・祐天寺)
2019年11月 個展『holidays』Space K代官山(東京・代官山)
2020年01月 写真展『アートの競演 2020明春』Art Gallery M84(東京・銀座)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●フレームマン賞
【作品】Title : Silence
Shooting : 2020、Printed : 2020、Editon : Open、Signature : Yes、Image Size : 205 x 307㎜、Print Paper Size : 290 x 380㎜、Media:Awagami-paper、Print Method : Digital Pigment Print、Frame size : 330 x 420㎜

1)どんな点がアート(一番最初、又は ありふれていない)なのか?
 写真らしさを残しつつ、日本画にあるような日本的な幽玄の美を表現しました。
2)飾りたいと思って貰える点?
 和紙に印刷することで鮮やかな色彩ながら落ち着いた雰囲気に仕上げています。お部屋が引き締まるクラシックな額を選びました。どの部屋に飾っていただいても調和すると思います。

【選評】透き通る優しい色合いの花びらや葉っぱの薄緑色、そして蝶の配置など見ているだけで落ち着く。絵のようで、ずっと眺めていたいと思う作品。額の色合いや形状が、作品を引き立て、作品とマッチしている。マットの周囲が影にならない額の選び方も良い。額を含めた作品の完成度が高い。強いて言えば、作品イメージ部分とマット窓下側の間隔をバランス良く調整するともっと良くなる。。
Exif_JPEG_PICTURE

【作家】宇津井 志穂(ウツイ・シホ)氏
1983年生まれ
写真家 小山敦也氏に師事
出張撮影を中心に家族写真、イベント・発表会撮影、フリーペーパーの取材・撮影を行っている。花を中心にアート作品を制作し、個展や作品展に出展している。地元のアーティストやクリエイターと連携し、アートイベントの企画、ディレクションなど活動。

【受賞歴】
2018年11月 第16回JPA(一般社団法人 日本写真作家協会)公募展入選
2020年02月 第50回取手市民美術展(市民)優秀賞受賞
2020年06月 モスクワ国際写真賞入選

【展示歴】
2015年11月 個展『おはなざかりのお花たち』温々亭(茨城・取手)
2017年07月 写真展『アートの競演 2027葉月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2018年01月 写真展『アートの競演 2018泰月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2018年07月 写真展『アートの競演 2018観月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2019年01月 写真展『アートの競演 2019寒月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2019年07月 写真展『アートの競演 2019涼月』Art Gallery M84(東京・銀座)
2020年01月 写真展『アートの競演 2020明春』Art Gallery M84(東京・銀座)
以上

応援メッセージの報告

2020年8月31日(月)より開催していた飾りたいと思う写真展『アートの競演 2020長月』ですが、今回は、初の試みとして、お客様が気に入った作品が見つかって、ご購入に至らなくても会場にて作品へのメッセージを投稿頂き、9月 11日末時点の投稿数でCustomer賞を決定することに致しました。集計の報告をいたします。
応援メッセージ
以上

飾りたいと思う写真展『アートの競演 2020長月』SOLD作品

飾りたいと思う写真展『アートの競演 2020長月』SOLD作品

1.【作品】Title : Slow down
【作家】野田 光治氏
Shooting : 2020、Printed : 2020、Editon : Open、Signature : Yes、Image Size : 410 x 273mm、Print Paper Size : P6/410 x 273㎜、Print Method : Canvas Print、Mat & Frame size : 443 x 310㎜
野田さん

2.【作品】Title : In a Blissful Trance / ステージの恍惚 1点
【作家】Aki Fujita Taguchi氏
from the series `12 minutes` (Tal Wilkenfeld at Billboard Live Tokyo,on 28 August 2019)
Printed : 2020、Editon : 1/9、Signature : Yes、Image Size : 279 x 186mm、Print Paper Size : 297 x 210㎜、Print Method : Archival Pigment Print、Mat & Frame size : 379 x 288㎜
Exif_JPEG_PICTURE

3.【作品】Title : In a Blissful Trance / ステージの恍惚 1点
【作家】Aki Fujita Taguchi氏
from the series `12 minutes` (Tal Wilkenfeld at Billboard Live Tokyo,on 28 August 2019)
Printed : 2020、Editon : 1/9、Signature : Yes、Image Size : 450 x 300mm、Print Paper Size : 483 x 379㎜、Print Method : Archival Pigment Print、Mat & Frame size : 512 x 397㎜
Exif_JPEG_PICTURE

4.【作品】Title : Blooming Brilliantly Before It Disappears / 消える前に華麗に咲き誇る
【作家】Aki Fujita Taguchi氏
from the series`Lost Architecture`(Takarazuka Hotel、Hyogo January 2020)
Printed : 2020、Editon : 1/5、Signature : Yes、Image Size : 160 x 189mm、Print Paper Size : 210 x 297㎜、Print Method : Archival Pigment Print、Mat & Frame size : 330 x 330㎜
AR1069756

5.【作品】Title : Looking for an Escape from the Real World / 現実からの逃げ道を探して
【作家】Aki Fujita Taguchi氏
from the series`Lost Architecture`(Takarazuka Hotel、Hyogo January 2020)
Printed : 2020、Editon : 1/5、Signature : Yes、Image Size : 160 x 189mm、Print Paper Size : 210 x 297㎜、Print Method : Archival Pigment Print、Mat & Frame size : 330 x 330㎜
田口 -2

6.【作品】Title : Free
【作家】Junko Sakamoto氏
Shooting : 2020、Printed : 2020、Editon : 1/10、Signature : Yes、Image Size : 210 x 298㎜、Print Paper Size : 210 x 298㎜、Media: Pictran Kyokushi Baryta、Print Method : Digital Pigment Print、Frame size : 348 x 424㎜
AR1069762

7.【作品】Title : 信号はどこに 2.19
【作家】豊吉 雅昭氏
Shooting : 2020、Printed : 2020、Editon : 1/5、Signature : Yes、Image Size : 254 x 169㎜、Print Paper Size : 297 x 210㎜、Media:Pictran Kyokushi、Print Method : Digital Pigment Print、Mat size : 348 x 420㎜、Frame size : 365 x 440㎜
AA1069742

 

飾りたいと思う写真展『アートの競演 2020長月』SOLDグッズ 

飾りたいと思う写真展『アートの競演 2020長月』SOLDグッズ

1.アクリル「喜怒哀楽」210 x 150 x 20 (Chino Kanetaka)  1個
Exif_JPEG_PICTURE

2.アクリルキューブ「万華鏡」 50 x 50 x 50 (Chino Kanetaka)  1個
Exif_JPEG_PICTURE

3.フォトブック「見ているきみがぼくなのだ」120×120 P16 (福岡 陽子)    6冊
Exif_JPEG_PICTURE

4.フォトブック「無為」150 × 150  P24  (冨田 陽子)   1冊
無為

5.ポストカード「Snow flower」100×148 (Junko Sakamoto) 5枚
サカモト DM

6.ポストカード「up lifting」100×148 (Junko Sakamoto) 2枚
サカモト DM2

7.ポストカード「Wind scent」100×148 (Junko Sakamoto) 3枚
+C_convert_20200904165857

8.ポストカード「At will」100×148 (Junko Sakamoto) 4枚
坂本-5

9.ポストカード「Everlastinglove」100×148 (Junko Sakamoto) 7枚
坂本-6

10.ポストカード「re mind」100×148 (Junko Sakamoto) 2枚
坂本  B

11.ポストカード「day residues」100×148 (Junko Sakamoto) 4枚
坂本  A

12.ポストカード「Like Someone in Love #114」148×100 (雁羽 令) 1枚
カリュウ

13.ポストカード「八重紅枝垂」148×100 (Tsuruko) 1枚
つる子 DM
以上

飾りたいと思う写真展『アートの競演 2020長月』展示の様子

2020年8月31日(月)より開催している飾りたいと思う写真展『アートの競演 2020長月』ですが、今回も応募要項に賛同して頂いた作家の方々に出展して貰いました。コロナ禍でありながら、たくさんの方々にご来場を頂いております。ご来場のお客様からは、「面白いです。写真の概念が広がります。凄い作品ばかりで、皆様レベルが高く参考になります。」と言って複数回周して拝見されています。
R1069646_convert_20200904114012

R1069647_convert_20200905104626

R1069649_convert_20200904114222

R1069650_convert_20200904114254

R1069651_convert_20200904114337

長月挨拶

R1069656_convert_20200904114840

R1069658_convert_20200904114941

R1069697_convert_20200904122211

R1069716_convert_20200904123043

R1069690_convert_20200904121905

R1069689_convert_20200904121827

R1069663_convert_20200904115924

R1069661_convert_20200904115127

R1069664_convert_20200904120001

R1069665_convert_20200904120039

R1069715_convert_20200904123019

R1069698_convert_20200904122235

R1069666_convert_20200904120108

R1069691_convert_20200904121935

R1069671_convert_20200904120311

R1069670_convert_20200904120240

R1069692_convert_20200904121957

R1069672_convert_20200904120353

R1069699_convert_20200904122306

R1069695_convert_20200904122119

R1069693_convert_20200904122026

R1069675_convert_20200904120523

R1069676_convert_20200904120555

R1069677_convert_20200904120625

R1069700_convert_20200904122338

R1069714_convert_20200904122957

R1069705_convert_20200904122611

R1069683_convert_20200904120841

R1069694_convert_20200904122053

R1069679_convert_20200904120659

R1069682_convert_20200904120806

R1069680_convert_20200904120734

R1069701_convert_20200904122407

解説-1A
解説-2

R1069713_convert_20200904122935

R1069712_convert_20200904122858

R1069696_convert_20200904122146

R1069685_convert_20200904120914

R1069687_convert_20200904120950

R1069688_convert_20200904121021

R1069702_convert_20200904122434

R1069703_convert_20200904122500

R1069709_convert_20200904121114

R1069704_convert_20200904122545

R1069708_convert_20200904122751

R1069707_convert_20200904122646

_convert_20200904171728
以上

曼荼羅蟲螻田保橋淳展を開催

Art Gallery M84は、2020年10月5日(月)より曼荼羅蟲螻田保橋淳展を開催致します。

今回の作品展は、Art Gallery M84の第101回目の展示として実施する個展です。
デジタル版画で作品作りをする作家は非常に少ないです。しかも、個展となると見かける事が稀な分野です。デジタル版画で、この世界の第一人者である田保橋淳が21年の間「オンリーワン」として取り組んできた世界であります。ここ4~5年美術評論家の方々が個展にも来場されるようになった曼荼羅の世界、1点1点とても見応えのある作品です。

身近な花と鳥を表現要素として曼荼羅の構成システムを駆使し、非日常な田保橋ワールドを創造する手法による作品でした。今年造園50年になる自慢の花も香りも実も災害からの影響かすっかりダメになったが、殺虫剤も不要なほど害虫がいなくなった。今回は、ムシケラ野郎と目の敵にした過去の亡きムシケラたちを追悼の意を捧げ、虫螻を曼荼羅で表現した不思議な田保橋淳の世界観を感じていただければ幸いです。購入可能なデジタル版画、約30点の作品を展示致します。

<作家の一言>
我が家の庭も、もう造園50年になる。欲張りだから、花も香りも実も楽しみたいと果樹を多く植えた。それぞれ収穫が自慢で、ご近所にお裾分けして喜ばれた。ところが、地球性能の劣化が原因か、重連する激甚災害からの影響か、この最近、花も香りも実も、すっかりダメになった。これは大変と、素人ながらそれなりの手入れをしているのだが、効果がない。ひと抱え以上の大木のモクレン、サクラのほか、ミカン、レモン、スダチ、カボス、ビワ、キンカンなどがよくない。

でもいいこともある。殺虫剤散布が必要ないほど、害虫がいなくなった。病気もなくなって殺虫剤も不要になった。ムシケラ野郎と目の敵にしたことも、過去のことになった。思えば、何匹虐殺したか。しかし、いかに害虫とはいえ、命あるものをどんどん殺めてよい筈はなかろう。というわけで今年の個展では、遅まきながら、今は亡きムシケラたちに追悼の意を捧げ、冥福を祈ることにした。田保橋 淳

<田保橋 淳(たぼはし じゅん)略歴>
1931年 ソウル市生まれ。
1953年 金沢美術工芸大学美術科油彩専攻卒業後、筑波大学教授大智浩氏に師事。
1957年 株式会社電通入社。
1969年 金沢美術工芸大学客員教授兼務。
1980年 株式会社電通 第二クリエーティブ局長就任。
1991年 株式会社電通退職。
東京アートディレクタークラブ会員、日本グラフィックデザイナー協会会員、日本広告学会会員、多摩美術大学教授・グラフィック学科長などを経て、現在多摩美術大学名誉教授、金沢美術工芸大学名誉客員教授。

<受賞歴>
日本宣伝美術会賞、東京アートディレクターズクラブ賞、シェルデザイン賞、日本経済新聞広告賞、朝日広告賞、毎日広告デザイン賞、フジサンケイグループ広告賞、新聞協会広告賞、日本産業広告賞、日本工業広告賞、消費者に役立つ広告コンクール・北國新聞広告賞、神奈川新聞広告賞、広告電通賞、ニューヨークアートディレクターズクラブ賞、ロンドンアートディレクターズ賞、メディア芸術祭賞、トヤマポスタービエンナレなどで複数受賞。

<作品収蔵>
ニューヨーク近代美術館

<個展>
2002年 田保橋淳展「重層する鏡像曼陀羅華」多摩美術大学美術館(東京・多摩)
2004年 田保橋淳展「曼陀羅相好」銀座ごらくギャラリー(東京・銀座)
2005年 田保橋淳展「曼陀羅CG」金沢21世紀美術館(石川・金沢)
2006年 田保橋淳展「曼陀羅球戯」アートシアターいしかわ(石川・金沢) 
2007年 田保橋淳展「曼陀羅雄蕊」ギンザギャラリーハウス(東京・銀座) 
2008年 田保橋淳展「曼陀羅蝶蝶」銀座ギャラリーステージワン(東京・銀座) 
2011年 田保橋淳展「曼陀羅貼札」金沢21世紀美術館(石川・金沢)
2011年 田保橋淳展「曼陀羅戯機」ギンザギャラリーハウス(東京・銀座) 
2013年 田保橋淳展「新・曼陀羅貼札」アートギャラリー銀座(東京・銀座)
2014年 田保橋淳展「曼陀羅花鳥」Art Gallery M84(東京・銀座) 
2016年 田保橋淳展「曼陀羅妖華」Art Gallery M84(東京・銀座) 

【デジタル版画展概要】
名  称 : 曼荼羅蟲螻田保橋淳展(まんだらむしけらたぼはしじゅんてん)
展示作品数 : 約30点
作品購入 : 展示作品は、全て購入可能
主  催 : Art Gallery M84
期  間 : 2020年10月5日(月)~2020年10月10日(土) 
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~18:30(最終日17:00まで)
休 館 日 : 日曜日
入 場 料 : 無料
URL : http://artgallery-m84.com/?p=7489  
              
<曼荼羅蟲螻田保橋淳展代表画像>
田保橋淳個展代表画像
以上