東京・銀座四丁目の松屋通り沿い(歌舞伎座の真裏)に「Art Gallery M84」を開設

Art Gallery M84は、気軽にアートを楽しんで購入頂ける場として、東京・銀座の松屋通り沿いにあるウインド銀座ビル5階(歌舞伎座の真裏)にアートギャラリースペースとワークショップスペースを2013年5月14日(火)に開設いたします。
「Art Gallery M84」は、「アートを展示する場、鑑賞する場、作品を購入できる場」としてだけではなく、アートを楽しみ、アートを通じて自己表現をしたい方々が 集える場所を目指します。アートをもっと身近に感じて頂く為に、アートを観る楽しみ、作る楽しみ、作家と作家、作家とお客様、お客様とお客様がつながっ て、アートの可能性を 広げていく拠点にしたいと考えます。展示内容に合わせて自由に演出される空間「ギャラリースペース」に加え、新しいアート表現や楽しみ方を探求する「ワー クショップスペース」で構成されます。

<概要>
■名称 : Art Gallery M84(アートギャラリーエムハッシー)
名前の由来: アートを通じて人と人が末永くつながるイメージと代表者名の頭文字を取って命名
■場所 : 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
■電話 : 03-3248-8454
■URL : http://artgallery-m84.com
■構成 : (1) ギャラリースペース(アート展示空間)
(2) ワークショップスペース(新しいアートの楽しみ方を追求する場)
■オープン : 2013年5月14日(火)
■開館時間 : 10:30~18:30 (日曜日および年末年始休館、その他 展示の無い日)
■展示内容 : 2013年5月14日(火)~5月27日(月) 丹地保堯写真画展「日本の心」
■入場料 : 無料

———————————————————————————

TVコマーシャルで、建築家の父親が娘(息子だったか?)にお前の夢はと質問すると
娘がお父さんの夢はとオーム返しに質問して、父親が返答に困るシーンがありました。

私は会社でデザインの仕事を長くやってこれました。
全商品のプロダクトデザイン責任者になれたのですから夢は叶ったと言えます。
そして、晩年この会社を選択した理由でもあったカメラ事業に再度関わり、
サラリーマン人生で最後の4年間をフォトギャラリーの仕事をしておりました。

私は、高校生の時に、油絵を書いて市や県で入選もしておりましたが
会社に入って一度も筆を握っていませんでした。

もう一度、自分で絵を画くか、若い方に発表の場を提供していくか考えた末に
社会との繋がりを深めながらやっていけるギャラリーをやりたいと言う思いに至り
退職翌日より検討を進めてきました。
そして、写真に限らず現代芸術作品が展示できるギャラリーを
銀座にオープンする事にしました。

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote