写真展『ロベール・ドアノーなどのヒューマニズム作品』展示の様子

2017年4月17日(月)より開催している写真展『ロベール・ドアノーなどのヒューマニズム作品』ですが、ロベール・ドアノーの映画上映とタイミングを合わせて企画したんですかと言われるが、全くそんなことは無い。映画制作会社の担当者から連絡が有り、映画のリーフレットを置かせて欲しいと持ってこられ、代わりに当方のDMを上映映画館に配置頂いただけなんです。今回の展示は、写真家ロベール・ドアノー、ブラッサイ、エドゥアール・ブーバなどのヒューマニズム溢れる作品に加えて、作家は不詳ですが同様な視点の作品やに80、90年代の恋人たちを撮影したクロード・ノリや自宅から見える風景、そして自身の二人の娘たちをテーマにしたクロード・バトーで構成していますが、来場のお客様からは、「素晴らしい作品ですね。フイルムで撮影され銀塩プリントした写真はずっと眺めてられます。眼に優しいですね。」との声もありました。

AR1060151

AR1060152

AR1060159

AR1060160

AR1060161

AR1060164

AR1060162

AR1060163

AR1060166

AR1060165

AR1060167

AR1060168

AR1060169

AR1060170

AR1060171

AR1060172

AR1060173

AR1060174

AR1060180

AR1060175

AR1060176

AR1060177

AR1060178

AR1060185

AR1060181

AR1060179

AR1060182

AR1060183

AR1060184

AR1060193

AR1060192

AR1060197

AR1060196

初版本

AR1060157

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote