白岩登三靖写真展『SKETCHBOOK』展示の様子

2016年5月2日(月)より開催している白岩登三靖作品展『SKETCHBOOK』ですが、30年前にスケッチブックに写真を貼付け、その写真と繋がる絵を描くアート作品に取り組んでいた日本人がいたのです。ポラロイドカメラ(SX70)で撮影した画像を中央に配し、それらを取り囲む様にパステル等で景色や静物をシームレスで逆説的な連続性に描いたシリーズ『SKETCHBOOK』。1985年ICPで最初に展示した「MIRROR」に続き、1989年と1991年にもICPで展示した『SKETCHBOOK』シリーズ。グラフィックデザイナーでありながらICP(International Center of Photography)の常設写真ギャラリーで3回も個展を開催した若き白岩登三靖。ICPの会長であるCornell Capaが図録のイントロで日本の若い写真家白岩登三靖の作品を絶賛。亡くなられても、なお斬新な作品が心に残り輝いています。

AR1049588

AR1049591

AR1049592

AR1049593

AR1049594

AR1049595

AR1049598

AR1049599

AR1049600

AR1049601

AR1049602

AR1049603

AR1049604

AR1049605

AR1049606

AR1049607

AR1049608

AR1049609

AR1049610

AR1049611

AR1049612

AR1049613

AR1049614

AR1049615

AR1049616

AR1049617

AR1049618

AR1049619

AR1049620

AR1049621

AR1049622

AR1049623

AR1049624

AR1049625

AR1049626

AR1049631

AR1049632

AR1049633

AR1049634

AR1049635

AR1049636

AR1049637

AR1049638

AR1049639

AR1049640

AR1049641

AR1049642

AR1049643

AR1049644

AR1049645

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote