ヌード写真展『エロスの競演』展示の様子

2017年10月2日(月)より開催している世界的著名作家によるヌード写真展『エロスの競演』ですが、初めて展示作家の略歴プリントを日英で作ったこともあり、お客様が略歴プリントを見ながら作品を鑑賞されてます。二度見される方も多く、今までで一番じっくりかも! 作品の前で「鳥肌が立つ。どうしましょう。」と言うお客様も!世界的著名写真家も、仕事の撮影はファションでも作品作りはヌードが多い。それは造形的に美しいからであろう。日本でヌード作品展が少ないのはアダルト系と勘違いされるからであろうか。ヌード作品と言っても撮り方が、作家により全く違うのである。身体の部分を作品にしたのは珍しい。これだけ多くの海外写真家の作品を一同に見れるのだから楽しい。ご来場されているお客様は意外と女性とカップルが多い。「可愛いとか綺麗とか」の声が聞こえる。

AR1060843

AR1060844

AR1060846

AR1060934

AR1060853

AR1060852

AR1060911

AR1060854

AR1060855

AR1060856

AR1060859

AR1060883

AR1060861

A861a

AR1060924

AR1060863

AR1060864

AR1060910

AR1060865

AR1060866

AR1060873

AR1060867

AR1060868

AR1060869

AR1060870

AR1060913

AR1060876

AR1060875

AR1060912

AR1060878

AR1060879

AR1060933

AR1060932

AR1060915

AR1060884

AR1060886

AR1060923

AR1060888

AR1060925

AR1060889

AR1060891

AR1060908

AR1060928

AR1060892

AR1060894

AR1060895

AR1060896

AR1060929

AR1060898

AR1060899

AR1060900

AR1060902

AR1060905

AR1060904

AR1060906

AR1060917

AR1060916

AR1060918

AR1060919

AR1060921

AR1060831

AR1060830

AR1060926

AR1060927

AR1060832

AR1060833

AR1060836

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote