降旗良房写真展『surface ⇄ undercurrent』展示の様子

2017年6月26日(月)より開催している降旗良房写真展『surface ⇄ undercurrent』ですが、光を捉え刻々と変化をみせる水面に心を奪われ、これを撮り続けるうちに、絶え間なく変化するその奥底にも様々な表情が見える瞬間を見つけて撮影した作品である。来場のお客様が挨拶文を読み『幼い頃、公園の遊具に巻き込まれて瀕死の重傷を負い、幽体離脱あの時見た特異な光景。それを他人と共有したい、何かを感じてほしい』という思いからの作品だと判り、もう一度ゆっくりと眺められています。ゆらゆら、きらきら、不思議な世界に納得されている様子。
AR1060311

AR1060312

AR1060313

AR1060314

AR1060315

AR1060337

AR1060338

AR1060317

AR1060318

AR1060316

AR1060319

AR1060320

AR1060321

AR1060326

AR1060322

AR1060339

AR1060340

AR1060323

AR1060341

AR1060328

AR1060327

AR1060336

AR1060325

AR1060329

AR1060335

AR1060331

AR1060330

AR1060332

AR1060333

AR1060334
以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote