橋本正則油彩画展展示の様子

2013年10月14日(月)より開催している橋本正則油彩画展“審作”は、高岡市美術展で佳作を頂いた作品と富山県美術展での入選作品、それに氷見の奥にあ る漁港を写生したものを出品用に描き第22回富山県観光美術展で入選した作品を含め静物と風景からなる展示です。殆どがペイントナイフで絵の具をキャンパスに練り上げていくので、近くで見ると荒々しいタッチになっている。作風が完成されていますが何時頃の作品ですかとの声に、40年以上も前の作品とお応えすると、皆さん驚かれて、最近描いたかのように新鮮です。富山地方に勤めていた方が見えて懐かしいです風景ですので描き続けてくださいと言ってくださったのが嬉しかった。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote